山行名

御嶽山(3067 m)・山スキー

行動開始日

2002/4/19

期間(日)

2

山行形態

山スキー

山域

長野県

天候

晴れ

行程

【19日】
道の駅 三岳(泊)
【20日】
08:45 おんたけロープウェイ駐車場
09:00 ロープウェイ
09:20 ロープウェイ飯森駅(山頂駅)(登山開始)
10:00/10:20 八合目(休憩)
11:15/11:30 石室小屋(休憩)
12:30/13:15 頂上(休憩)
15:00/15:30 ロープウェイ飯森駅(山頂駅)(休憩)
16:00 おんたけロープウェイ駐車場

所要時間

6時間40分

参加者

IT、他(スキー隊:4名、ツボ足隊:2名)/計6名

コメント

<19日>
 犬山に集合して車2台で出発。今日の幕営地は毎度お馴染みの道の駅三岳。ここは御岳登山には最高の場所。幹線道路から離れていて静か、駐車場が広い、新しいので全般的に清潔、トイレあり、自販機(プリンシェイクあり)あり・・・言うことなし!!でも今日は・・・、エンジンかけてる車がいてちょっとうるさい。ウルサイぞー。
<20日>
 御岳にはシーズンに1回は山スキーに行きたいと思う私である。自宅からの距離、スケール、滑降ルート、このエリアではベスト1であることは間違いなし。例年なら降雪も落ち着いたGW明けあたりに行くのだが、今年は雪が極端に少ないので今日あたりがベストだろうということになった。案の定、スキー場は上部のリフト1、2本が稼動しているだけで、残りのエリアは閉鎖。ここでちょっとしたハプニングが・・・、知り合いの山スキーヤーが我々の車の隣に・・・。楽しいハプニングでした。
 天気は、薄曇りと言ったところでなんとかもちそうだ。今回、ショート山スキーで参加の若者に引っ張られて行くも、トレーニング不足、老化、標高の影響で苦しい。数歩足を進めると心臓が・・・。やはり、たまには標高の高いところにも行かなきゃだめだと実感しました。ルート中で一番傾斜キツイの石室小屋直下の斜面もスキーを脱がずになんとかクリア。今回もこれで頂上までオールスキーで行ける。良かった良かった。頂上で昼食タイムとするが、のんびりあったかいコーヒー、お茶でも飲むかと・・・、なんとガソリンストーブに火がつかない。うーん標高と寒さの影響?地上、低山では問題なかったのに・・・。諦めるしかなし。
 下山は、待ち望んだ滑降。覚明堂手前の谷をひと滑り。岩場を越えて石室小屋直下の斜面をひと滑り。この斜面の滑降がメインイベントで、遮るもののない一枚バーン。ロングターン、ショートターン、思い思いに滑る。私は中腹までショートターンで滑り、登り返してロングターンでまた滑る。爽快爽快。樹林帯の中は、なるべく樹木の少ないルートを選んで、樹林を縫うように滑る。緩やかな尾根を外さないように滑るのがミソ。ゴンドラ終点駅で大休憩を取ったのち、ゲレンデの雪を拾いながら滑れる限界の所まで滑り降りた。ちゃんちゃん。

写真

写真

写真

写真

写真

御嶽山頂上

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.