山行名

宇賀渓遡行~ホタガ谷遡行

行動開始日

2002/7/28

期間(日)

1

山行形態

沢登り

山域

鈴鹿山脈、三重県

天候

晴れ

行程

【28日】
06:00/06:15 IT邸(集合)
08:00/08:25 宇賀渓駐車場(250m)
08:50/09:00 白竜橋(入渓点)(320m)
09:20 ホタガ谷出合(滝5m)
13:00/13:50 500m
14:15/14:45 魚止滝(190m) 水泳大会
15:30 宇賀渓駐車場
17:30 IT邸

所要時間

7時間05分

参加者

IT、他2名/計3名

コメント

 梅雨も明け、真夏と言えば沢登りでしょ!!ということで2週連続で沢登に決定。I1さん、I2さん、沢登の相棒を誘ったが、残念ながら新婚ホヤホヤの相棒は悩んだ末に断念。
ホタガ谷は日本百名谷で、ゴルジュに囲まれた暗い谷とのこと・・・はたしてその実態は・・・。宇賀渓の駐車場であるが、殆どが有料なので入渓点に一番近い駐車場に決定。宇賀渓沿い林道を車止めまで進み、手前の駐車場で車をおり林道を進む。入渓点は宇賀渓に架かる白竜橋で、手前にはホタガ谷に沿って登る裏道登山道の登山口がある。本流とホタガ谷との出合は、橋から見える5mの滝。いきなりか?と懐疑的になるが、地図、コンパスを駆使して検討、間違いなしということで滝をよじ登り、いよいよホタガ谷へ・・・。
ホタガ谷の核心部は出合からすぐに出てくる3つの滝。最初の15m滝は、大きな出合の右。滝の左に残置ピトン、スリングがありITリードで突破。さらに進むと2段15m滝の下段の滝。参考資料には、高巻きしたと書いてあるが、適当なエスケープルートも見当たらないのでITリードで突破。ここで、大きなヒル発見。潰すと赤い血がドロドロと・・・・。どんな動物の血なのだろうか・・・?考えただけでゾッとします。(^_^;)上段の滝には、左側のツルツルの垂壁に人工登攀用のリングボルトがある。さらに左側には残置ピトン、スリングがあり、このルートを伊賀井さんが突破。滝の突破に予想外に時間がかかってしまった。この先は何の変哲も無い地形が続き、良い時間にもなってしまったので、登山道が交差する標高500mで遡行打ち切りとする。
沢登りスタイルから、縦走スタイルに着替えているとヒル再登場。I2さんはヒル初体験に、恐怖しつつも・・・初体験に感慨深げでもあり・・・(^_^;)。お昼を食べ下山。裏道登山道も裏道だけあって細くて危険。最後は魚止滝の深ーい釜での遊泳で締め、帰路についた。この滝は、ほんと気持ち良くてお勧めです。

写真

林道入口

写真

2番目の滝

写真

ゴルジュ

写真

蛭が怖いっすー!!

写真

魚止滝
ヤッパ、夏は川遊びっす!!(●^o^●)

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.