山行名

石谷川遡行

行動開始日

2002/7/21

期間(日)

1

山行形態

沢登り

山域

鈴鹿山脈、三重県

天候

晴れ

行程

【21日】
06:00/06:15 犬山集合
08:00/08:15 入渓地点(大堰堤)(190m)駐車スペース、遡行開始
11:15 造林小屋跡              
14:00 二股の手前(450m)遡行打切り
14:45/16:00 入渓地点(大堰堤)そうめんパーティ

所要時間

6時間30分

参加者

まみちゃん、あきな?、怪しい按摩師、IT、他4名/計8名

コメント

 梅雨明け直後の沢登りとなった。梅雨の増水が心配されたが、天気は快晴で絶好の沢登り日和である。名神・鈴鹿ICを降り、石水渓の案内を頼りに入渓地点を目指すが、途中の第二名神の建設現場に見とれている間に林道の入口を見逃してしまう。梅雨の長雨で荒れた林道を進み(ハッキリ言って、地上高の低い普通車には厳しい道。)、なんとか入渓地点の大堰堤に到着。これ以上先は道が細くなり侵入不可と判断。事実、下山時に崖下に転落している車を発見する。大堰堤付近には3、4台の駐車スペースがあり、先行者の車の隣に駐車スペースを確保することができた。ここには、滝の案内板の付いた立派な階段があり、沢へ簡単に降り立つことができる。 心配された増水も無く、身支度を整えさっそく遡行開始。みなさん?日頃から山に通っているだけあって、遡行スピードはかなり速めである。このスピードならアッと言う間に終了かなと楽観論もちらほら出るが、遡行開始地点を正確に把握できていないのがちょっと心配?マイ高度計が行方不明なのが痛い。ルートであるが、詳細はガイドブック、HPに譲るとして、グレードは初級の上と言った程度ですか?殆どの滝には巻き道や並行する登山道があり、問題となるような所は無い。ロープ、スリング、Nさん持参のアブミを駆使しつつ、滝、草付き、ヘビ?、釣り師(イワナの釣果あり)?を突破しながら進む。私は、せっかく沢登りに来ただからと、水に浸かり、泳ぎ、滝をよじりながら進む。もちろん登り方にルールは無く、高巻くもよし、フリーで挑戦するもよし、道具を駆使して登るもよし。どんな手段を使ってでも、課題をクリアして上へ上へと登って行くのが沢登り。休憩時に気が付くと14時になっていた。遡行終了点まであと僅かと迫りつつも、残念ながらタイムアウトで遡行を打ち切りとする。登山道を45分下ると入渓点の駐車スペースに到着。いやー、登山道沿いは楽でいいですねー。
 締めは河原で恒例のそうめんパーティ。そうめん、焼ミョウガ、グレープフルーツ、お菓子、ビール、ワイン・・・など戴き大満足。皆さんお疲れ様でした。

写真

滝登ってます。

写真

何が見えますか?

写真

楽しいね。(●^o^●)

写真

滝。

写真

ここは難しいなぁ!!

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.