山行名

薬師岳(やくしだけ)(2926m)~北ノ俣岳(きたのまただけ)(2662m)

行動開始日

2004/6/4

期間(日)

2

山行形態

雪稜歩き

プライズ

日本百名山、岐阜百山

山域

北アルプス、富山県、岐阜県

天候

晴れ

行程

【4日】
22:00 犬山(合流、出発)
【5日】
08:00 折立(駐車、登山開始)
09:20/09:30 1870m 三角点
11:15/11:35 太郎小屋
11:45/12:10 薬師峠(デポ)
13:20/13:30 薬師岳山荘
14:05/15:05 薬師岳頂上
15:50/16:00 薬師平
16:17 薬師峠キャンプ地
【6日】
05:00/06:25 起床/出発
06:40/06:50 太郎小屋(デポ)
08:05/08:45 北ノ俣岳
09:45/10:10 太郎小屋
11:46/11:55 1655m
12:30/13:00 折立

所要時間

【5日】8時間17分【6日】6時間05分

参加者

IT、他/計3名

コメント

6月4日の22時に犬山を出発。R41、R471・・・とひたすら走り、天蓋山登山口近くのドライブイン「夕顔の駅」の駐車場で幕営。
 6月5日は6時50分にドライブインを出発。今年の有峰林道の開通は6月1日との事、注意しなければならないのは夜間通行止めということ。下山が遅くなる場合や夜間のドライブでは、ゲートで足止めをくらう事になってしまう。約1時間で登山口の折立に到着。なんとも遠いなぁ。
 天気は上々で日焼けが怖い。今年は残雪が少なく雪対策もあまり必要ないとの話であったが・・・どうなるか楽しみ。太郎小屋までの感想としては全体的に傾斜がゆるく、残雪は思った以上にあったが楽なコースであった。約3時間でクリア。天候も良く、薬師岳までピストンできそうである。小屋からは、北ノ俣、槍、水晶、鷲羽、黒部五郎などの山々が一望できる。テン場である薬師峠に不要な荷物をデポしてサブザックで薬師の頂上を目指す。ここより上は十分な残雪があり最後の山スキーを楽しむパーティがあった。薬師峠より約2時間で頂上に立つ。この間も好天が続き展望良し。
 下りは滑落に注意しながら雪上歩行(滑降?)を楽しんだ。貧弱な靴が幸い?(グリップしない!!)し、グリセードがよく決まった。やはり雪が有ると楽しい!!
 テン場の状態について・・・。今日は全部で3、4張り程度と少ない。テン場代は整備が出来ていないとのことで無料だった。水は歩いて約数分の所に流れている清流を利用。最悪の場合は雪渓がテン場の近くまで来ているのでこれを溶かしてもOK。テントを張るエリアに雪は無く非常に快適に過ごすことができた。本日最後に知り合いになった刈谷の単独行の人と交流を広めることができて良かった。
 6月6日は5時起床、6時25分出発。今日は天気は下り坂である。例によって太郎小屋にザックをデポして北ノ俣岳を目指す。こちらのルートも雪上歩行となったが、小屋のお兄さんは「例年の1mマイナス」と言っていた。やはり雪は少ない。
 北ノ俣岳からの景色も素晴らしい。太郎小屋に戻り、しばしのティーブレークを楽しんだあと下山。すぐに天候が急変して雨が・・・・。くもり時々雨の不安定な天候の中、折立に帰着。林道開通後の最初の週末ということもあり、折立駐車場は山菜取りの人で予想外の賑わいであった。

写真

薬師岳への登り

写真

薬師岳頂上

写真

写真

薬師岳山荘周辺

写真

太郎小屋に向かう

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.