山行名

大鼠山(1585m)

行動開始日

2008/9/20

期間(日)

2

山行形態

藪歩き

山域

岐阜県飛騨

地図

下乃本(1/25,000)、岐阜県飛騨市神岡町岩井谷、国土地理院:電子国土

天候

21日

行程

【21日 】
05:00 山乃村キャンプ場 起床
06:30 岩井谷林道入り口 駐車
7:30/7:40 取り付き地点
08:30 尾根合流点
9:30/9:45 大鼠山三角点
09:50 大鼠山山頂
10:10 森茂北乃俣林道平坦部
深洞湿原一周
11:30 大鼠山三角点
12:40 取り付き地点
13:35/14:20 岩井谷林道入り口

所要時間

7時間05分(岩井谷林道入り口-大鼠山山頂-岩井谷林道入り口)

参加者

まみちゃん、他/計9名

コメント

・朝起きると予想外の雨!(予想では午後だった)各自装備をして出発。当初予定では森茂北乃俣林道からだったが、ゲートがあり林道歩きが長い為、岩井谷林道コースに変更。前もって調べると飛騨山岳会の本に拠れば登山道もあるとのこと。
・林道入り口付近に駐車して歩き出す。取り付き地点を探すのに手間取ったが、1時間程歩いて確実な登山口を発見。営林署の切り開き道でしっかり道はついている。結局三角点の場所までヤブらしきところはほとんどなく、苦労せずに登頂できた。休憩後最高地点まで行ってみると、日本山岳会岐阜支部のメンバーが20人ほど登ってきた。聞けば北乃俣林道からゲートの鍵を借りたので、すぐ下に車を置いて速い人は18分で登ってきたとのこと?これには空いた口がふさがらなかった!
・私達もそこまで下りて偵察に。やはりすぐ下に車があるではありませんか……。折角ここまできたので時間もあるし、湿原を探索。今は花のない時期だが、なかなか趣のある湿原で一見の価値あり。後で聞くとこのあたりはずい分手入れしていずれは観光地にしたいらしい。
・三角点からの帰路は来た道を帰る人と、別の道があったので林道歩きが少なそうなので、そちらを選ぶ人に分かれた。後者は結構急途の連続で滑りやすかったが道ははっきりついていた。やはり営林署の境界マークがついている。しかし、かなり下ってから道を見失い、沢を下りるということがわかった。メンバーの一人が林道に出てから再度赤布をつけに行った。
・私にとっては「秘境」のイメージがあった大鼠山も行ってみれば、登山道が何本もしっかりついていて、少々拍子抜けだった。
・池ノ尾山の下見はゲートまで。双六渓谷は春秋が見頃でしょう。道が狭いのでスリルがありすぎ。ゲートの先は未知数。来年の5月の連休に行きます。

写真

取り付き点

写真

大鼠山三角点

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.