山行名

鵜川左俣遡行・滝山(703m)

行動開始日

2011/8/7

期間(日)

1

山行形態

沢登り

山域

比良、滋賀県

地図

北小松(1/25000)、国土地理院:電子国土

天候

07日 快晴

行程

【07日 】
11:20/11:40 鵜川越え林道の広場(駐車ポイント)
11:45 堰堤の上を左岸から右岸へ渡る
11:50 堰堤下流側の川床に降り遡行開始 入渓
12:43 二俣(鵜川左俣、右俣出合い) 左俣へ入る
13:05 ナメ
13:09 石橋
14:53 10m滝 巻く
14:53/15:25 比良主稜線に出る
15:33 滝山山頂
15:42 境界尾根(大津市と高島市)分岐
境界尾根へ入る
16:54 二俣(鵜川左俣、右俣出合い)
渡渉して鵜川右岸の道を下降
17:00 堰堤の上を右岸から左岸へ渉る
17:08 鵜川越え林道の広場(駐車ポイント)

所要時間

5時間28分

参加者

センシュ、IT/計2名

ルート

コメント

カーナビが壊れたのでiphoneのナビで現地に向かうが専用機と比べると心もとない。出発が遅れた上にナビにだまされ、駐車スペース(広場)に着いたのは昼近くになっていた。車外は夏の燃えるような暑さだ。微妙な時間だったが出発。日もまだ長いしね。
駐車スペースを後にして鵜川越え林道を少しくだり堰堤に向かう。川床に降りるには、まず堰堤を左岸から右岸へ渡る、次に右岸から堰堤下流側の道形より鵜川に降り立つ。さらに堰堤に空いた水が通る穴をくぐり遡行開始。
時間もないのでサクサクと進むと左俣、右俣出合いの二俣。左俣へ入る。藪っぽいとの情報だったが意外とスッキリしていて歩きやすい。快適。沢ナビさんに唯一の登りどころと書いてあった10m滝は、途中まで登ったが微妙な感じだったので巻いた。
小休憩を入れつつ先を急ぐ。藪もなく比良の主稜線につく(と簡単に書いたが、長かったー)。主稜線に出たところで沢装備をとき登山靴に履き替えた。
荷物をデポして滝山山頂を往復、下山開始。主稜線と境界尾根(大津市と高島市)の分岐を見落とさないように注意してすすむ。
境界尾根上には,登りで通過した二俣(鵜川左俣、右俣出合い)へ続く立派な道があった(地形図には描かれていない)。琵琶湖が見えるなど展望が良く気持ちが良い。途中、最近では珍しい蟻地獄があった。
二俣では沢を渡渉して右岸沿いの道に入る。右岸沿いを下り、堰堤の所で登りとは逆に、堰堤上を右岸から左岸に渡って駐車スペースに戻る。

写真

堰堤を渡ろう

写真

堰堤をくぐろう

写真

二俣(鵜川左俣、右俣出合い)、左俣へ入る

写真

鵜川左俣

写真

鵜川左俣

写真

鵜川左俣

写真

鵜川左俣

写真

鵜川左俣のナメ

写真

石橋をたたいて渡ってみた

写真

写真

10m滝。登りかけたが巻いた。

写真

滝山山頂

写真

境界尾根(大津市と高島市)分岐

写真

琵琶湖の眺望

写真

蟻地獄

写真

二俣に戻ったよ。渡渉して右岸沿いの道を下降します。

写真

帰ってきました

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.