山行名

銚子ヶ峰(ちょうしがみね)(1810m)・丸山(まるやま)(1786m)

行動開始日

2016/4/19

期間(日)

2

山行形態

山スキー・雪稜歩き

山域

岐阜県・奥美濃

天候

【19日】曇り&小雨 【20日】晴れ

行程

【19日】
05:00 小牧発
08:55 白山中居神社(駐車スペース)
08::50 八反滝遊歩道分岐
09:52/10:13 白山登山道入口(東屋にて休憩&水補給)
10:23 石徹白の大杉
11:55 おたけり坂
12:08 かむろ杉
12:45 神鳩ノ宮避難小屋(宿泊)
【20日】
08:10 神鳩ノ宮避難小屋(出発)
08:35 稜線・少々さんは丸山へ
09:10 母御石
09:40/09:50 銚子ヶ峰山頂
10:08 母御石
11:20/12:30 神鳩ノ宮避難小屋(帰着)・少々さんと合流
13:14 おたけり坂
14:20 石徹白の大杉
14:32/14:45 白山登山道入口(東屋にて休憩)
15::38 八反滝遊歩道分岐
16:20 白山中居神社(駐車スペース)

所要時間

【19日】3時間50分(白山中居神社=>白山登山道入口=>神鳩ノ宮避難小屋)
【20日】8時間20分(神鳩ノ宮避難小屋=>銚子ヶ峰山頂=>神鳩ノ宮避難小屋=>白山登山道入口=>白山中居神社)

参加者

少々、IT/計2名

ルート

コメント

 雪の無い山でバックカントリースキーをした結果、、、(ちなみに例年なら適期だが)
 天気良く、白山中居神社周辺から見える石徹白の山々は雪が、、、無い、道端にさえ雪のかけらも無い。歩きにくい冬靴を履いて、足を引きずりながら雪の無い大杉林道をとぼとぼ歩く。冬季通行止めの解除日は、道路状況などで年により違うが、今年は4月22日あたりらしい。解除になってからの山行をお勧めしておく。
(歩いてみてわかったが実際には車の通行に支障なし)。工事車両が入り、舗装工事や道路脇の斜面の補修工事が行われていた。
 白山登山道入口の東屋にて休憩を取りつつ水補給を行う。水が補給できるのは嬉しい。ここまで路面上に雪なし。登山道も無さそう。さらに小雨が降り出した。(~_~)
 階段から始まる登山道。石徹白の大杉を過ぎても雪なし。おたけり坂過ぎてもなし。1泊分の荷物+スキー用具が肩に食い込み、おたけり坂で雄たけびをあげる。なんとかならんか?この状況。結局、神鳩ノ宮避難小屋の手前までスキーを使えるような雪は無かった。標高が上がるに連れて気温が下がり汗が冷えて寒くなってきた。レインウェア着用。
 平日ということで他の登山者が来るとは思えず、荷物を広げ貸しきり状態の小屋を独占する。少々さんのリクエストで雪上でテントを張る訓練を行うが、寒いので点とは利用しないで小屋で泊まる。食担の私は食事の用意。夕朝食に味噌汁、ラーメン、薬味、ご飯、漬物、フリカケなどを用意。山小屋という名の別荘でした。山小屋の管理者さん「ありがとう」。
 次の日。少々さんと稜線まで一緒に歩き、それぞれの目的の山(少々さんは丸山、私は銚子ヶ峰)へ向けて分かれて行動した。小屋からスキーを履き、稜線上ではある程度スキーが使えた。母御石直下までの稜線上は全てスキーを履いて歩いたが、母御石から銚子ヶ峰山頂間は地面が見えているところがあった。今日は晴れて石徹白の山々をハッキリ拝むことができた。銚子ヶ峰山頂からの景色は最高。
 下りを滑りを楽しめるような広い斜面はあまりない。が、やはりスキーは早い。小屋への下りはすっとばし、丸山方面へ少し下ってみたが藪がうるさく滑りは楽しめなかった。小屋に戻って少々さんを待つ。少々さん丸山登頂おめでとうございます。岐阜100山も、あと少しですね。
 小屋を後にして雪の無い登山道、雪の無い林道とひたすら下った。
 入浴は満天の湯。帰宅したら仕事やらなきゃ。

写真

大杉林道は通行止め

写真

八反滝遊歩道分岐

写真

白山登山道入口(東屋で休憩&水補給)

写真

白山登山道入口(水場)

写真

雪の無い登山道

写真

雪の無い山

写真

写真

神鳩ノ宮避難小屋

写真

神鳩ノ宮避難小屋から

写真

神鳩ノ宮避難小屋

写真

避難小屋からスキーを履く

写真

稜線に上がる

写真

快適な稜線歩き

写真

快適な稜線歩き

写真

快適な稜線歩き

写真

母御石の登り

写真

母御石からの展望

写真

雪がない部分

写真

展望

写真

銚子ヶ峰山頂から一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰、別山

写真

銚子ヶ峰山頂から別山

写真

写真

写真

写真

写真

神鳩ノ宮避難小屋への下り。雪が切れそう

写真

写真

石徹白大杉

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.