山行名

位山(くらいやま) 1529m

行動開始日

2017/6/24

期間(日)

1

山行形態

山歩き

山域

岐阜県高山市一之宮町

天候

晴れ

行程

【24日】
07:30 犬山
09:55/10:03 モンデウス飛騨位山スノーパーク登山口(道の駅 モンデウス飛騨位山)
10:15 祭壇岩分岐
10:35 スキー場頂上
10:47 三等三角点/点名: 一ノ谷 1233.2m
11:35/11:43 天の岩戸(巨石群登山道分岐)
11:47 山頂エリア周遊の分岐
---- 御岳、乗鞍岳眺望スポット ----
11:55 位山山頂
12:00/12:28 展望広場(昼食)
---- サラサドウダンの群生地 ----
12:34 山頂エリア周遊の分岐
12:37 天の岩戸休憩場(巨石群登山道分岐)
13:05 巨石群登山口
――――― ダナ平林道経由 ――――
14:35 苅安湿原分水嶺公園
14:40 モンデウス飛騨位山スノーパーク登山口(道の駅 モンデウス飛騨位山)

所要時間

4時間37分(道の駅 モンデウス飛騨位山駐車場~スキー場頂上~三等三角点/点名: 一ノ谷~ 天の岩戸~位山山頂~天の岩戸~巨石群登山口~ダナ平林道経由~道の駅 モンデウス飛騨位山駐車場)

参加者

N先生、Mさん、IT/計3名

ルート

コメント

 空梅雨に日本二百名山でパワースポットの位山にご案内、結果ぁ~~~!!!
 位山をネットの情報を収集するとパワースポット、不思議体験、UFOなどの文字が躍る位山。昔々、山スキーで訪れたことはあったが、そんな場所とはね。
 で、さっそく本題の登山へ。今回は位山登山道を使うのでモンデウス飛騨位山スノーパーク横?の道の駅 モンデウス飛騨位山に駐車した。ここイメージしている道の駅とは違って人影まばら、、、ね。
 そこそこの標高の位山は、そこそこ涼しいかと思ったが、取り付きのゲレンデ登りの暑さでやられた。( ゚Д゚)。展望は良いけどね。登山口からスキー場山頂までの高差約250mを30分で歩く。スキー場山頂からは日陰が期待できる樹林帯の尾根歩きwww、と一息ついたがwww。登山者(朝一で登ってこられた)様より「熊を見た」との情報を得た。( ゚Д゚)。暑さの次は熊かよwww。
 とりあえず快適で素敵な森の中を奇声を発しながら歩く!!登山道脇に巨石あり、、、。御手洗岩、門立岩、尻立岩、鏡岩、天の岩戸、、。巨石群登山道との分岐になっている天の岩戸休憩場で一息入れる。
 位山周回コースに入り御岳、乗鞍岳眺望スポット経由で山頂へ。位山山頂は展望なく写真だけとって展望広場へ移動&昼食www。下山コースは協議の結果、巨石群登山道=>ダナ平林道という別コースを歩くことに決定!!巨石群たちのパワーをいただこうじゃないの。その前にサラサドウダンの群生地。開花状況は満開を少し過ぎた感じ。巨石群は見ごたえありました。岩の上には必ずといっていいほど木が生えており不思議だった。後日、得た情報によると岩の上は養分が少ないので年輪が小さくなり、結果的に木が丈夫になるとか。なるほど。
 巨石群登山口にはモニュメントが、、、太陽御神殿。ここからダナ平林道を歩いて駐車場へ。途中、朴木に花が咲いているのを発見。初めて見ましたお花。朴木は葉っぱが有名ですが、何か実をつけるのでしょうか?
 帰途は、、、、、飛騨川温泉 しみずの湯で汗を流し&道の駅 美濃白川ピアチェーレで休憩1回、、という行程で犬山へ。

写真

モンデウス飛騨位山スノーパーク登山口

写真

ゲレンデを登る

写真

スキー場頂上からの展望

写真

展望台

写真

巨石 御手洗岩

写真

位山の尾根道
なだらかな歩きやすい道

写真

天の岩戸(巨石群登山道分岐)

写真

天の岩戸(巨石群登山道分岐)

写真

位山山頂エリア周遊コース

写真

位山山頂

写真

展望広場

写真

サラサドウダン
散り始め+α

写真

立岩
根が張って岩が見えない?

写真

写真

モニュメント

写真

巨石群登山口

写真

ダナ平林道

写真

朴木の花
初めて見た

写真

熊に注意

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.

ページの先頭へ戻る