山行名

牛港稜(Niugangling) 468m~硬漢嶺(Yinghanling) 616m/見るべし!!山頂からの絶景・観音山(觀音山)(Guanyinshan)

行動開始日

2018/6/8

期間(日)

1

山行形態

山歩き

地域

北・東アジア

都道府県・国

台湾

住所・山域

新北市八里区

天候

晴天

行程

【8日】
07:04 MRT蘆洲駅(捷運蘆洲站/Luzhou station)
07:07/08:16 MRT蘆洲駅バス停(捷運蘆洲站)
08:41 観音山ビジタセンタバス停 ここから徒歩
08:47/08:56 観音山ビジタセンタ(觀音山遊客中心/Guanyinshan Visitor Center)
~牛港稜歩道(Niugangling Hiking Trail)~
09:10/09:13 出火号展望台(出火號觀景台/Torch signal)
09:19/09:24 樹屋(Tree House)・牛港稜(Niugangling)
09:35/09:57 ビジタセンタ裏の東屋(休憩所)
10:00/10:05 観音山ビジタセンタ
10:08 観音山生態園区(觀音山生態園區/Guanyinshan Nature Reserve)
10:13 楓櫃斗湖歩道入り口(Fengguidouhu Hiking Trail)
10:18 百年楓樹居家咖啡(喫茶店?)
~楓櫃斗湖歩道(Fengguidouhu Hiking Trail)~
10:32 硬漢嶺歩道(Yinghanling Hiking Trail)へ入る
10:45 ヘリポート(停機坪/Helipad)
10:52/11:18 硬漢嶺(Yinghanling) 山頂
12:01 雙亭(Double Pavilions)・弱者倶楽部???
12:17 硬漢嶺歩道入り口(Yinghanling Hiking Trail)
12:23/12:35 凌雲禅寺(Lingyun Zen Temple)
12:45/12:53 凌雲寺(Lingyun Temple)
12:54/13:30 凌雲寺バス停
13:49 MRT蘆洲駅バス停(捷運蘆洲站)

所要時間

4時間13分 (観音山ビジターセンターバス停 -> 牛港稜 -> 硬漢嶺 -> 凌雲寺バス停)

参加者

IT/計1名

ルート

URL

観音山ビジターセンターのホームページ(日本語)https://www.northguan-nsa.gov.tw/user/article.aspx?Lang=3&sno=04002760

URL

交通部観光局 北海岸および観音山国家風景区のホームページ(日本語)
中国語、英語、日本語、韓国語のページが用意されています
https://www.northguan-nsa.gov.tw/user/main.aspx?Lang=3

コメント

 今年も台湾にやってまいりました。仕事するだけでなく山にも登ります。

 今回は前年歩いた紅樹林の遊歩道から見えた「観音山」へ登ります。日本統治時代には「淡水富士」とも呼ばれ円錐形の綺麗な形をした山です。

 地下鉄(MRT)とバスでアプローチします。

 中和新蘆線の蘆洲駅でMRTを下車、1番出口の目の前にあるバス停に行きます。

 おっとっと!觀音山遊客中心行きのバスが来てます。焦らないで1本見送ることにしました。

 バス停の時刻表確認。路線は三重客運の橘20です。現在7時過ぎだから、、、、ん?6時40分のバス?次は7時40分になってるけど、、、???

 見送ったのは何時のバス???

 後でわかったことだけど、始発の観音山ビジタセンタの発着時刻で書いてあったと(多分)???到着時刻を推測!!!ということで理解。

 とりあえず近くのファミマで休憩!!

 7時40分頃にバス停に戻って待つこと約30分。8時15分にやっとバスが来ました。乗れさえすれば気楽です。観音山ビジタセンターが終点ですからね。

 バスを降りたら時刻表を確認しましょう。

 情報収集と身支度は観音山ビジタセンターでどうぞ。この時は、残念ながらはビジタセンターは改装中だったようで得られた情報はガイドマップだけでした。

 観音山にはいくつもピークがあるけど、まず牛港稜(Niugangling)へ向かいました。ビジタセンタの裏から牛港稜歩道(Niugangling Hiking Trail)へ入り山頂を目指す。が、ピークわからず。

 後でピークは歩道から少し林に分け入らないとたどり着けないと知りました。残念!!事前調査大事ですね!!

 出火号展望台(Torch signal)や樹屋(Tree House)から展望できる街、淡水河、海の景色は良かったです。ちなみに出火号とは、下関条約(日本が1895年4月17日に日清戦争で戦勝した結果を受け調印)調印後、台湾に進駐してきた日本軍への抵抗戦で使った狼煙台だそうです。

 ビジタセンタへ戻る途中、東屋で休憩されていた地元の人にお茶をいただきお話しをする機会がありました。ホテル関係のお仕事をされ日本語が堪能な方がおり情報をいただきました。

 観音山生態園区を少し見学してから楓櫃斗湖歩道(Fengguidouhu Hiking Trail)へ入り、硬漢嶺(Yinghanling) 616mの山頂を目指します。

 喫茶店までは緩い傾斜の道で、そこから階段の急登が始まります。まもなく、硬漢嶺歩道(Yinghanling Hiking Trail)へ合流。

 山頂の手前にヘリポートがあるので立ち寄りましょう。海側の景色が良いです。休憩所&案内板もあります。

 次はいよいよ観音山山頂の硬漢嶺(Yinghanling)です。かなりの広さの展望台になっています。今まで台北周辺の山、トレイルを歩いてきましたが、

 ここの展望はピカイチ、絶対おすすめですよ。

 270度程度?は見渡せ、淡水河、陽明山、海(台湾海峡)、台北の街並みが一望できます。

 天気の良い日に行きましょう。 展望を楽しんだら東屋もあるので日差しをさけて休憩できます。

 下山は大きなお寺、凌雲禅寺(Lingyun Zen Temple)と凌雲寺(Lingyun Temple)を目指します。
 
 弱者倶楽部(じゃくしゃくらぶ??)とかかれた謎の休憩所/雙亭(Double Pavilions)を経由して車道に出ます。

 少し下って凌雲禅寺(Lingyun Zen Temple)を訪れます。大きな仏像が境内にあるので見ましょう。売店もあるので、飲料水や食べ物も手に入ります。

 また、少し下って凌雲寺(Lingyun Temple)にも足を運びました。台湾には「道教」の派手派手なお寺が多いのですね。迫力あります。

 寺の前はバスターミナルになっています。迫力の岩山・鷹仔尖(Yingzai Peak)をバックにした凌雲寺は絵になる。腹ごしらえをしてバスを待つことに!!

 三重客運の橘20に乗り、MRT蘆洲駅で下車して今日のミッションはコンプリートです。

写真

MRT蘆洲駅

写真

MRT蘆洲駅バス停

写真

三重客運 橘20

写真

写真

観音山ビジタセンタバス停

写真

観音山ビジタセンタ

写真

観音山ビジタセンタのインフォメーション
ガイドマップを入手しよう

写真

写真

写真

出火号展望台

写真

出火号展望台からの展望

写真

ハイビスカス

写真

樹屋(Tree House)

写真

樹屋(Tree House)

写真

写真

休憩(ビジタセンタ裏の東屋)

写真

観音山本峰・硬漢嶺へ向けて

写真

写真

喫茶店?

写真

写真

硬漢嶺歩道に合流

写真

写真

写真

ヘリポート

写真

ヘリポートからの展望

写真

硬漢嶺山頂 616m

写真

絶景展望

写真

絶景展望

写真

絶景展望

写真

絶景展望

写真

硬漢嶺山頂 616m

写真

弱者倶楽部???

写真

写真

凌雲禅寺入り口

写真

凌雲禅寺からの展望

写真

凌雲禅寺と鷹仔尖

写真

凌雲寺の柱
昭和2年と!
日本統治時代の痕跡

写真

凌雲寺と鷹仔尖

写真

凌雲寺バス停
三重客運 橘20で街に戻る

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.

ページの先頭へ戻る