山行名

猪臥山(いぶしやま)1519.1m/彦谷ルート(中央ルート)を往復・山スキー/干支の山

行動開始日

2019/4/6

期間(日)

1

山行形態

山スキー・バックカントリスキー

地域

日本

都道府県・国

岐阜県

住所・山域

岐阜県高山市清見町夏厩

緯度/経度

36.18988137.112551

天候

快晴

行程

【6日】
09:33 猪臥山散策道入り口・猪臥山トンネル南口の駐車場
09:45 伐採地の雪原
~ 彦谷洞林道 ~
10:22 彦谷渡渉点
~ 彦谷左岸から渡渉点を迂回 ~
10:39 彦谷ルートに戻る
11:20 稜線の上
11:42/12:03 猪臥山(いぶしやま)山頂 1519.1m
~ 昼食休憩 ~
12:48 彦谷左岸の迂回ルートへ入る
12:58 彦谷渡渉点
13:27 猪臥山散策道入り口・猪臥山トンネル南口の駐車場

所要時間

3時間54分(猪臥山トンネル南口駐車場から彦谷ルートを往復)

参加者

IT/計1名

ルート

コメント

 「今!!猪臥山が旬だ?」

 との情報を入手して登山口へ向かう。

 旬?それは「干支の山」だからだそうだ。今年は岐阜県内や近県、遠くは東京、大阪方面からもたくさん登山者が来ているらしい。

 猪臥山トンネル南口駐車場に現着すると既に10台以上?の車がとまっていた。広い駐車場で、まだまだ駐車スペースに余裕はあります。

 道中の山は雪解けが進んでいて、雪ある?って心配だったが、新雪がうっすら乗った雪が相当量駐車場脇に、、、。降雪の多い特異な地域?

 準備中に早々と下山してくる登山者がいて状況を聞く。スキーが使えそうとのこと!!

 ROSSIGNOL フリーベンチャー + REXXAM DATA97で行きます。登りは踏みぬき防止、下りは楽しく滑って!!ね。

 始めに猪臥山散策道?で彦谷という沢に沿って進む。なんとか雪も繋がっていて最初から板でいける。伐採地の雪原から彦谷洞林道へ入った?道は雪の下でよくわかりません。

 なかなかの積雪量ですが、この時期、彦谷の渡渉点の谷割れが激しく!!ここからいよいよ尾根を登るようだが、、、。面倒なので板を外したくなて!!
 検討の結果、左岸側から迂回することにする。少し登ると沢が分岐して流れが小さくなってるから、、、。

 いける!!

 登山道を外れてノートレースの左岸側斜面を登り、沢が分裂して小さくなったところで2回ほどミニスノーブリッジを渡り正規ルートの尾根下に出る。尾根に上がり、ふたたび先行者の足跡をトレース。

 登山道下部は谷間や樹林帯の尾根ですが、稜線に上がると次第に展望が開けてくる。360度展望の猪臥山山頂でフィニッシュ。

 風はほとんど無いが寒いので早々に下山開始。先週の戸蔵での快適滑降のイメージで滑り出したが、、、、

 あかん!!ストップスノー。

 ヒップソリのパーティーも滑らないらしい!!

 樹林帯で昼休憩。

 雪はあれだけどツリーランは楽しめた。彦谷渡渉点は下りも迂回ルートを通り、彦谷沿いの緩傾斜部分はスケーティングで!!結果的に板をはいたまま歩き通せた。

 地元の猪臥山マニアの人から、空気が澄む冬晴れの日に登ることをオススメられた。心に留めておこう。次回は、周回コースでね。

URL

ひだ荘川温泉 桜香の湯にて入浴http://www.hida-ouka.jp/

URL

野草園 ひだ清見 彦谷の里(ページの下の方に登山道の概要があります。)http://www.hikodani.net/category/wildflower-garden

写真

猪臥山トンネル南口の駐車場
広いので場所取りの心配はいらない

写真

ちょこっと新雪

写真

駐車場の奥からスタート

写真

写真

伐採地の雪原
なんとか雪はつながってる

写真

彦谷洞林道

写真

彦谷洞林道

写真

彦谷渡渉点の谷割れ
板を外さねば渡れない

写真

左岸からまく

写真

ミニスノーブリッジ
踏みぬかないように慎重に

写真

写真

登山道のある尾根下に出る

写真

登山道に復帰

写真

写真

写真

写真

滑りごろの斜面が、、、

写真

このあたりも

写真

快晴

写真

写真

写真

先行者の足跡多し
周回するパーティも多い

写真

猪臥山神社

写真

写真

写真

猪臥山山頂

写真

写真

写真

写真

写真

良い感じのシュプール
実はモサモサ雪 (*_*;
残念

写真

緩斜面はスケーティング&ペタペタ歩きで

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.

ページの先頭へ戻る