山行名

黒部五郎岳(2840m)

行動開始日

2005/7/16

期間(日)

3

山行形態

山歩き

山域

北アルプス

行程

【16日】
5:00 犬山駅東

9:40 飛越トンネル
13:20 寺地山
14:30 北の俣避難小屋

【17日】
5:20 避難小屋
7:20 北の俣岳
7:45 赤木岳
8:35 中俣乗越
10:35/11:05 黒部五郎岳
12:20 中俣乗越
13:25 赤木岳
14:05 北の俣岳
15:30 避難小屋

【18日】
6:30 避難小屋
7:15 寺地山
9:50 飛越トンネル

11:00/12:30 ニュートリノ流葉温泉

16:30 犬山駅東

所要時間

2時間

参加者

まみちゃん・かずちゃん・他/計4名

コメント

山も花も人も天気も最高だった♪

* このルートのメインは(あとで知ったのだが)北の俣岳から少し薬師寄りに行った所の「ハクサンイチゲ」の大群落。でも今年は雪が多く、例年なら見ごろなのにまだ雪の下。北アルプス随一とのこと。一見の価値あり。

* 寺地山周辺はニッコウキスゲが咲き誇っていた。その他高山植物の種類はかなり豊富。

* 天気は初日は歩き初め雨が降ったがじきに止み、のちガス。しかし2日目はガスってはいたが、時折晴れて槍の穂先がちらっと見えたり、雲の平から鷲羽、水晶の稜線が見えたり。黒部五郎岳から北の俣岳の稜線もくっきり見ることができ、大満足。特に北の俣岳には特別の思い(詳しく知りたい方は“1999の山行報告集”をご覧下さい)があるので、今回は晴れ晴れした。一番よかったのはあきらめていた五郎のカールがはっきり見えたこと。予想通り素晴らしい景色。いつか行きたい…。

* 避難小屋は1日目は上に私達4人と奈良山岳会4人+一人でまあまあ。ところが2日目は6人の福井からのグループが到着。どうなるかと思ったら彼らはテントにされ、ホッとした。食事時はそれぞれの方たちから、たくさん差し入れをいただき遠慮なく食べたり、飲んだり。みなさん温かいかたばかりで心地よい夕食時を過ごせた。そこまではよかったが魔の時間は夜。いびきの大合唱で睡眠を多いに妨害され、翌朝誤ってくださった。

* 小屋の夕食:奈良山岳会は1日目ひつまぶし!あおじそのにおいもプンプンと、とっても豪華。私達4人はみんな並んで食べる様子を見学。次回かずちゃん、がんばって!!

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.