山行名

久津羅木谷遡行・養老山(859.3m)

行動開始日

2008/10/4

期間(日)

1

山行形態

沢登り

山域

岐阜県養老山地

地図

霊仙山、養老(1/25000) 、国土地理院:電子国土

天候

10月4日 晴れ

行程

【10月4日】
09:30 犬山出発
11:00/11:25 千珠ぼたん園手前の広場 駐車地点
11:30 久津羅木谷・大洞谷出合・標高135m 遡行開始
11:33 久津羅木谷支流出合(高圧電線が目印)
11:45 久津羅木谷沿いの林道
11:50 久津羅木谷に戻る
11:56 赤い橋
12:40 高圧電線
12:55 大滝(右から巻く)
13:58 二条の滝(真ん中の水流の無いところを直登)
14:55 右岸の杣道に乗る
15:05/15:25 久津羅木谷源頭(林道に上がる)
15:45 登山道出合
15:55/16:03 養老山山頂
16:30 久津羅木谷源頭 遡行終了
17:05 標高295mの林道分岐(鉄塔)
17:33 ゲート
18:05 国道365号(前ケ瀬コミュニティーセンター交差点)
18:25 国道365号(上原信号)
18:42 千珠ぼたん園手前の広場 駐車地点

所要時間

7時間17分

参加者

IT/1名

ルート

コメント

・ 千珠ぼたん園手前の広場に駐車。広場横の小道から河原に降りたつと大洞谷と久津羅木谷の出合。気持ちの良い所で、ここから入渓。
・ 下流部の大堰堤を巻くために、まずは谷に入ってすぐ(高圧電線が目印)の左岸に入る支流を登る。支流は滝が多く意外に厳しいうえに、上流の農園の排水が入るのか白く濁って汚い。汚水は気持ちが悪いので右岸の尾根に逃げると小道を発見。久津羅木谷に沿って、しばらく小道をたどってから林道に上がる。
・ 林道も久津羅木谷に沿っており、大堰堤を越えたかどうかを確認できる。堰堤を過ぎて、さらに進んでいくと沢が寄ってくるので適当な所で戻る。歩き出してすぐに赤い橋が頭上を横切るのでチェック。水温も高く、おまけに9月中旬並みの気候ということで水遊びが気持ちよい。
・ 2番目の高圧電線と左岸からの流れ込みを確認。この辺りから釜を持った小滝が連続して楽しい。期待していなかった大滝も出現。登れそうでもあるが単独行で安全第一なので右から巻く。写真ではわからないがかなりの迫力。
・ 支流を分けるたびに水量は減り、もう滝も終わりかなと思ったところで二条の滝。
・ 源流部では右岸に杣道が現れるので、沢と道の両方を駆使して快調に登る。結局、覚悟していた薮も無く源頭(標高755mの林道分岐)に到着。林道に上がって登山靴に履き替え休憩。
・林道は良く整備されており歩きやすい。
・しばらく歩くと登山道に出合うので道標に従い山頂へ。下山は前ケ瀬の集落を目指し林道をひたすら下る。

写真

久津羅木谷出合(左:大洞谷、右:久津羅木谷)

写真

林道に上がり堰堤を巻く

写真

赤い橋

写真

写真

写真

大滝
結構な迫力だったけど・・・写真に写ると?

写真

写真

写真

写真

2条の滝

写真

源頭付近

写真

久津羅木谷源頭。林道で終わる
(奥:上石津前ケ瀬、右:養老山)

写真

登山道(頂上付近)

写真

養老山山頂

写真

写真

収穫(アケビ)

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.