山行名

オサンババ(山中山)(1631.4m)・山スキー

行動開始日

2009/3/15

期間(日)

1

山行形態

山スキー

山域

岐阜県美濃

地図

大鷲、飛騨大原(1/25,000)、国土地理院:電子国土

天候

3月15日、快晴

行程

【15日】
06:00 犬山
08:10 めいほうスキー場駐車場
08:50 第一クワッド乗り場
09:15 第二クワッド乗り場
09:35/09:50 スキー場トップ
10:10 オサンババ取付き点(オサンババ-烏帽子岳稜線の鞍部)
11:05 オサンババ(山中山)山頂
11:20 オサンババ取付き点(オサンババ-烏帽子岳稜線の鞍部)
12:00 スキー場トップ

所要時間

2時間10分(スキー場トップーオサンババ往復)

参加者

少々、IT/計2名

ルート

コメント

・ めいほうスキー場は春スキーモードで、駐車場代が無料になっていてラッキー。思ったより人が多く、スタッフの指示で上から三つ目の駐車場に車をとめることになった。
・ 入山地点までのアプローチにリフトを利用した。回数券が4枚必要で、料金は一人1,400円。高いけど楽できるしゲレンデ内を歩くのは嫌なので OK!!第一クワッド、第二クワッドの2本を乗り継いでスキー場トップに到着。人が多くリフトへ乗るのに時間が掛かってしまった。
・ 天気は晴天でもスキー場トップからの景色はいまいち。近くの山は見えるが、御岳、乗鞍、北アルプスなどのジャイアンツは雲に隠れている。ここで入山届を出すようにスキー場のスタッフに声をかけられる。小々さんが第二クワッド降り場内の小屋へ入山届を提出に行く。
・ それぞれに装備を整え入山。先行パーティがいるようでトレースがあった。雪質は、アイスバーン上に前日に降った雪が軽く乗っかり快適。スキー、カンジキなどがなくても沈むことはない。前日の降雪がなかったらカリカリで大変だったかも?
・ 1583mのピークを越え、オサンババと烏帽子岳を結ぶ稜線上の鞍部に向けてシール付きでプチ滑降。予定のオサンババ取付き点まで来て見ると先行パーティのトレースは烏帽子岳方面に向かっていた。我々はオサンババ山頂に向けて進路を取り、ノントレースの気持ちの良い樹林帯を登りだす。
・ 今回は日焼け対策にゴーグル、フェイスマスクを付けたが暑い。でも我慢。汗だくになりながら頂上台地に到着。山頂一帯は平らで樹林の密度も薄く気持ちが良いが・・・山頂が・・・わからん!!
・ 山頂近くと思われるあたりから何らかの目印はないかと注意を払いながら進むが見逃した。ホェー!!
・ 引き返しながら再捜索すると山頂と思しき場所を発見。以前は山名プレートが合ったようだが、今は木にテープ、プレートが掛かっていたと思われる釘、意味不明のタグがあるのみ。もちろん三角点は雪の中。
・ 少し戻って、下りだすところからシールを外して滑降開始。おー!楽しい。あっと言う間にオサンババ取付き点まで戻る。
・ 時間を考えて烏帽子岳はあきらめスキー場に戻ることに決定。再度、シールを付けてスキー場へ。途中でテレマーカーに遭遇した。
・ スキー場トップでゆっくりと昼食を楽しむ。後はゲレンデ内を駐車場目指して下山・・・。

写真

めいほうスキー場トップ

写真

写真

写真

オサンババへの登り

写真

オサンババ(山中山)山頂
わかりにくかった

写真

写真

写真

オサンババ

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.