山行名

大鼠山(おおねずやま)(1584.7m)、寺地山(てらじやま)(1996m) 北ノ俣岳(きたのまただけ)(2662m)

行動開始日

2010/7/18

期間(日)

2

山行形態

山歩き

山域

飛騨山脈北部(岐阜県飛騨市神岡)

地図

下之本、有峰湖、薬師岳(1/25000)

天候

18日:晴れ、19日:快晴

行程

<18日>
06:15 小牧発
    東海北陸道→森茂北ノ俣林道入口ゲート
09:15/09:30発 森茂北ノ俣林道入口ゲート
11:00 広場
11:20 大鼠山東峰最高点
11:30 西峰頂上
11:50 広場
12:20 深洞湿原周遊後、林道出口
13:25 林道入口駐車地
<19日>
05:00発 飛越トンネル登山口
06:40 神岡新道分岐
07:40 寺地山
08:25 北ノ俣避難小屋分岐
10:25/11:00発 北ノ俣岳
12:15 北ノ俣避難小屋
13:00 寺地山
14:00 神岡新道分岐
15:35 飛越トンネル登山口

所要時間

大鼠山:約4時間
北ノ俣岳:約11時間

入浴

両日とも流葉温泉

参考書

大鼠山:「東海・北陸の200秀山」上巻 p62 
北ノ俣岳:新・分県登山ガイド「岐阜県の山」p52

参加者

個人

ルート

コメント

・「やまにあ」における、文中にある「大鼠山」山行記録の復活記念として、こちらも再掲することにしましたが、そのままでも芸がないので、第2稿を元に修正し始めたら、結局、最終稿になってしまったので、初稿の余分なところを加えて変化をつけました。
・今回の山行は、密命あり。山については、上記のガイドブックを参照してください(残念なのは、旧の犬山山岳会のホームページに大鼠山の山行報告があったが今は参照できないことです)。但し、大鼠山について、老婆心ながら本の少々だけ、書くことがありました。北ノ俣岳については、避難小屋から縦走路に出るまでの最後の上りが長くきつかった。割と涼風があったけれど、前夜、車泊で夕方は暑く、Tシャツ1枚でしたが夜間肌寒くなり、風邪をひいて1?の水では足りませんでした。(帰りに寄った避難小屋の水は豊富で恩恵でした。)
・森茂北ノ俣林道は、許可(神岡・双六森林事務所)が取れれば、普通車でも通行可能。落石が転がっているところもある。山頂への入口は、広場を10mほど行ったところの法面が削れて歩道入口の案内がある。
・最高点(東峰)は、写真のとおり。三角点??? 三叉路になっており、ガイドブックに西峰に三角点とあるので西峰に行くことにするが、右の道に行ってみる。下っていくだけで、戻り、左の道を取る。5分ほどで西峰につくが、写真のとおり。三角点などない。ひょっとすると東峰のものが三角点で、地図が間違っているのではないかと真面目に考え始めましたが、この記念碑、礎石を持つ石柱をよくよく見てみると石柱は乗っているだけだと気がついた。どけてみると正に三角点でした。地図を疑ってすみませんでした。石柱は横にどけておきました。三角点は、測量だけでなく、我々にとっても確実な地点として重要です。三角点にすわったり、荷物を置いたりする人がいるが、その人たちは、集団で山頂を占領して自分たちでは気がついていないと思いますが登山道を隠している人たちと同様、どうかと思います。本音は、写真が撮れんじゃ魔じゃないですか。
・寺地山についての付り。現在、お蔵入りのイブネ・クラシの報告で、山域について触れましたが、山域というものはその真ん中あたりで周辺の山が見渡せる少しだけ低い山から見ると初めて体感できる。同様に山というものは、低いところから眺めると形がわかる。寺地山は、麓から見てもそうはっきりと見える山ではないと思うが、北ノ俣岳から見下ろすと写真のとおり。富士山からの展望がつまらないのは、周りに富士山より高い山がないからだ。
・特命事項報告。1. 神岡新道打保登山口は、打保すぐで鎖ゲートがしまっている。ちょうど歩き始めた時、向こうからザックを背負った人たちが歩いてくる。聞くと山ではないが、鞍部を越え、北ノ俣川に出る旧道へ下った。2万5000分の1地図の堰堤部分まで薮をこいだが薮がひどくて引き返してきた。神岡新道部分は歩ける。その上の部分はわからないが去年は、下刈りがしてあった。今年はわからないが歩けるのではないか。この林道のもっと先に大学の山の会の家があって時たま、下刈りをする。鞍部までは3時間くらいかかる。ハシゴの辻方面には道はない。赤テープは見たがそのためかという話であった。
・2日め。神岡新道分岐にて。分岐に付くと熊除けの鈴が聞こえる。分岐で追いついて来た健脚の人と話していると、打保道から人が来た。人の話し声がするので引き返して来た。木に赤テープが巻いてある所まで行った。踏み跡はない。
 帰途、打保道へ入る。道幅は数メートルあり、水芭蕉やマイズルソウ等の下草で踏み跡はない。笹は、生えたばかりの1,2本の幼笹を眼にした。200mほど下ると植林の際の幹に赤テープが巻いてあり、戻る。この数メートルの幅はそう簡単には樹木で覆われないだろうと思われる。
・以上、報告いたします。(今回の偵察山行は弱躯に鞭打って)

写真

森茂北ノ俣林道歩き。ヤマドリ?の羽。

写真

大鼠山東峰

写真

大鼠山西峰修正前

写真

大鼠山西峰修正後

写真

寺地山手前から白山

写真

避難小屋分岐を過ぎての上り。池塘群

写真

寺地山

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.