山行名

土蔵岳(1008m)・猫ヶ洞(1065.4m)

行動開始日

2013/5/18

期間(日)

1

山行形態

薮歩き

山域

岐阜・滋賀県境

地図

美濃川上(1/25000)

天候

18日(土) 晴れ

行程

<18日>
06:00 江南集合
07:55/8:05 砥谷左岸林道を500m程入って駐車
08:45 林道二股
09:15 二番目の林道を左へ
09:30 県境尾根820m付近(地図で三つある真ん中のコブ)
10:05/10:20 土蔵岳分岐(桑、まみは土蔵岳へ。少々は休憩)
11:35/12:20 猫ヶ洞三角点~最高点~三角点)
13:40 沢下降点
14:15 林道二股
15:10 駐車ポイント
18:00 江南解散

所要時間

7時間05分(砥谷左岸林道を入って500m程(駐車ポイント)-土蔵岳・猫ヶ洞-駐車ポイント)

参考書

「奥美濃のヤブ山」
「美濃一人」さんのブログ

参加者

少々、桑、まみちゃん/3名

コメント

猫ヶ洞は以前残雪の時期に土蔵岳へ行った時からず~っと行きたかった。今回声をかけてもらい、念願かなった。
・砥谷林道はずいぶん荒れている。4駆の車でなければもっと手前で駐車した方がよい。少々さんの車なら結果的に最終駐車可能広場まで行けたが、落石などの危険も考えて少し手前で停めた。
・林道を歩いていると溝の中で、イモリがたくさんのこども(オタマジャクシそっくり)を見守っているのに出合った。帰りもこのイモリはあまり動かずいた。
・土蔵岳まではあまり水のない沢を詰めて尾根に出て、分岐から5分ほどに山頂。注意して見ていないと通り過ぎてしまいそうな。高い木の上に「土蔵岳」の山名板。残雪時とのあまりの違いにびっくり。
・猫ヶ洞までは本日のメインエベントのシャクナゲの大密林を二回くぐる。しかし、ラッキーなことに密林の中に素晴らしいシャクナゲの花が咲いていて、二回とも見とれているうちになんとかクリア。
・猫ヶ洞には三等三角点がある。少し先が最高点。でも樹木に遮られて何も見えない。
・下りの途中で蕎麦粒山が見えた。下りの稜線はテープに惑わされて尾根からはずれそうになったが、先週も来ている少々さんが気付いて元の尾根にもどった。
・イワウチワが思いもよらず可憐に咲いている。分岐からの新緑のブナ林は素晴らしく快適だ。

写真

サンカヨウ

写真

シャクナゲ (2)

写真

シャクナゲ

写真

猫ヶ洞山頂

写真

猫ヶ洞三角点

写真

猫ヶ洞ー左三角点、右最高点

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.