山行名

四分里山(Sifenlishan)(235m)~九五峰(Jiuwu Peak、Ninety-Five Peak)(375.8m)~拇指山(Mt. Thumb)(319.8m)~象山(Xiangshan)(183m)、(台湾・台北)

行動開始日

2015/6/3

期間(日)

1

山行形態

山歩き

山域

台湾、台北市

天候

晴れ、薄曇り

行程

【3日】
10:28/10:40 MRT後山ピ駅(Houshanpi Station)・後山埤駅
------玉成公園(Yucheng Park)------
11:04 北興宮登山口(Beixing Temple Trailhead)
------北興宮歩道(Beixing Temple Trail)------
11:36/11:45 福徳祠(峠)
12:05/12:20 四分里山(Sifenlishan)
12:40 福徳祠
------南港山縦走親山歩道(Nangangshan Hiking Trail)------
12:45 福徳祠
13:15/13:45 九五峰(Jiuwu Peak、Ninety-Five Peak)(375.8m)
14:02 拇指山(Mt. Thumb)への分岐
14:06/14:09 拇指山(Mt. Thumb)山頂
14:16 拇指山(Mt. Thumb)への分岐
14:56 象山(Xiangshan)(183m)
15:04 象山展望台
15:05 六巨石
15:20 象山登山口(Xiangshan Trailhead)
15:34 MRT象山駅(Xiangshan Station)

所要時間

4時間54分(MRT後山ピ駅(Haushanpi Station・後山埤駅)~北興宮(Beixing Temple)~福徳祠~四分里山(Sifenlishan)~九五峰(Jiuwu Peak)~拇指山(Mt. Thumb)~象山(Xiangshan)~六巨石~象山登山口~MRT象山駅(Xiangshan Station))

参加者

IT/計1名

ルート

コメント

 「台北一の絶景を見られる場所は象山」とか!!
 MRT後山ピ駅を出ると雲はあるものの青空もあり暑い。昨年は雨に祟られたが今年はカラカラの毎日で山にはうってつけだ。
 途中、玉成公園に立ち寄りつつ街中を抜けて登山口の南港親山歩道(北興宮歩道(Beixing Temple Trail))の北興宮登山口(Beixing Temple Trailhead)へ。
 最初は階段。ここまでで結構汗をかいているので入ってすぐの休憩所でいっぷく。のんびり行こうぜ!!稜線(福徳祠がある峠)に出ると若干展望がある。台北101タワーが見える。ここからの縦走で、いろいろな方角から台北101タワーを見ることができるはずなので楽しみだ。
 とりあえず、本日の下山口と定めた象山方面とは逆の中華技術学院方面に向かう。目的は四分里山(Sifenlishan)。峠から近いのでとにかく寄っていこうということ。小屋のわきを抜け藪コギちっくな道をたどると山頂。展望アリ、三角点らしきものアリ。
 小屋、遊具、休憩所、祠、案内板など、あちこちにオブジェクトがあり、なかなか興味深い。四分里山(Sifenlishan)の周辺をグルッとめぐってから福徳祠の峠に戻り、象山方面へ向かう。虎山自然歩道との分岐(案内板アリ)で外人さんに道を尋ねられたので、実は僕も外人さんなんだけど道を教えてあげた。うん大丈夫、あってる。
 南港山縦走路に入るとどうかと言えば、、、まあ、道が良い。と、巨大な蛇と遭遇。蛇は大きい割りに素早くカメラに収めることはできなかった。台湾には台湾コブラや台湾ハブもいるそうなので気をつけよう。九五峰(Jiuwu Peak、Ninety-Five Peak)は、大きなおにぎりのような岩があり、岩に九五峰という山名が刻まれていた。岩の後ろにまわりこむと展望あり。
 次は、拇指山(Mt. Thumb)に寄る。山頂からの景色よし。コース中では、ここが一番展望がよいので絶対寄って行ってねwww。滑りそうな岩の上を少しだけ歩くので注意だよ。さらに縦走路を進んで行くとトラブル発生!!なんと靴のソールが剥がれた。しかたがないのでバンドエイドで応急処置。人間の治療に使うものが靴の治療に使うことになるとは。なとかか歩けるようになった。
 象山の分岐を六巨石方面へ進むとすぐ(六巨石のところ)に撮影平台がある。ここが例の「台北一の絶景スポット」ってやつだね。六巨石もなかなかのもの。この一体はなぜか、象山、獅山、豹山、虎山などの動物にちなんだ山がならんでいる。何か曰くがあるのだろう。さらに下っていくと最後にハイカー目当てのスナックを売る店と床屋が合体した変な店が現れ、登山口。お疲れ。
 登山口で台湾の人に中国語で道をたずねられたが、御免なさいまったくわかりません。でも、よくよく話をしてみると学生時代に日本語の勉強をしていたとかで日本語で会話が成立した。台中からいらっしゃったとかで、台中にも足を伸ばすことを薦められた。いつか行ってみよう。
 登山口(自分としては下山口)からMRT象山駅(Xiangshan Station)は歩いて5,6分というところか?

写真

MRT後山ピ駅(Houshanpi Station)・後山埤駅

写真

のら犬。おとなしい。

写真

北興宮登山口(Beixing Temple Trailhead)

写真

北興宮登山口にあるコースガイド

写真

コース中にあった小屋?

写真

このように整備された道が!!

写真

このような休憩所がポイントポイントに設置してある。

写真

福徳祠(峠)

写真

台湾の登山者達

写真

福徳祠(峠)

写真

のら犬隊?おとなしい。

写真

このような遊具も

写真

写真

藪コギちっくな道。四分里山(Sifenlishan)へ

写真

赤くないけど赤布

写真

四分里山(Sifenlishan)からの展望

写真

写真

四分里山(Sifenlishan)からの展望と三角点

写真

写真

歩きやすい縦走路

写真

九五峰(Jiuwu Peak、Ninety-Five Peak)

写真

写真

祠のあるフェース

写真

拇指山(Mt. Thumb)への分岐

写真

拇指山(Mt. Thumb)

写真

拇指山(Mt. Thumb)から。このコースで一番展望がよい。

写真

拇指山(Mt. Thumb)

写真

写真

靴のソール剥がれと応急処置。これで歩けた。

写真

写真

六巨石

写真

六巨石

写真

スナック菓子店、兼、床屋さん?

写真

登山口

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.