山行名

笠置山(かさぎやま)(1128m)(蛭川峠より新登山道)

行動開始日

2016/2/11

期間(日)

1

山行形態

山歩き

山域

岐阜県東濃

天候

快晴

行程

【11日】
07:00 犬山
------恵那IC------
08:37/08:49 蛭川峠 林道の路側帯に駐車
08:52 四等三角点(点名:高見)標高728.4m
09:09 黒瀬街道たがみ峠
10:47/11:00 瞑想展望台
11:04 亀岩洞窟
11:14/11:30 パノラマ展望台
11:34 笠置山山頂・二等三角点(点名:御笠置)標高1128m
--------ヒカリゴケ探索(ヒカリゴケ無し)-------
12:10/12:50 物見岩(昼食)
13:01 パノラマ展望台
13:09 瞑想展望台
13:48/14:00 三等三角点(点名:笹葉)標高848.3m
14:14/14:22 黒瀬街道たがみ峠
14:38 蛭川峠

所要時間

5時間49分

参加者

怪しい按摩師、まみちゃん、少々、IT、他3名/計7名

ルート

コメント

 雪が有りそうで無さそうな笠置山は雪有り。蛭川峠から笠置山へ新ルートを歩いてきた。
 ありがたいやら、ありがたくないやら?今今、流行のダイヤモンド富士(しかも尾張富士!!しかもモドキ!!)を拝みながら犬山を出発。ただ眩しくて運転しづらいだけのような気がします。ハイ!!暖冬で雪はほとんど無いかなと思ったけどありました!!無いどころか蛭川峠までのアプローチの車道もスノードライブでした。
 車道をはさんで登山口の反対側の林道の路側帯に駐車。数台は置けます。登山口から数センチの雪があり山頂まで全て雪道で、山頂に近づくにつれて積雪量も増えていった。道沿いには金属製の笠置山新登山道という看板が沢山設置されており、せっかく切り開いた登山道が廃道、自然に戻らないように見守っている。
 入山してすぐに三角点マニアメンバーに連れられて四等三角点「高見」を確認する。次にたがみ峠を確認。ここは黒瀬街道呼ばれる古い街道の峠。さらに進んで次のポイントは三等三角点「笹葉」だったらしいが何も考えずに通過してしまった。いろいろと見どころがありますね。
 新登山道の3分の2の区間は、なだらかな傾斜のアップダウンといった感じ。いくつか大岩を過ぎると大大岩?に到着。ヒカリゴケがあるというデマに惑わされたが、この大大岩を途中に梯子のあるロープがはられた道でまわりこむと瞑想展望台に到着する。快晴の展望台からは白山や御嶽山を拝むことができた。
 展望台から先は雪の量が増して滑りそうになる個所もあり神経を使った。パノラマ展望台からは、御嶽、中央アルプス、南アルプスなどの眺望があった。笠置山山頂は広場になっていて、笠置神社、二等三角点(点名:御笠置)があった。ここでヒカリゴケの探索に出るも、氷や霜が覆っていて発見できず。残念。
 山頂から少し下ったところの物見岩に、トイレ、東屋があるので、そこでランチタイムとした。物見岩からは南アルプス、恵那山などの眺望があった。
 下山は若干の道草をしながら往路を戻る。登りで見逃した三等三角点(点名:笹葉)であるが、周りに灌木が生えており隠れてわからなかったようだ。今回は短時間のうちに二等から四等までの三角点をゲットできた。
 恵那峡グランドホテルで入浴。JAF会員は割引があって600円で利用できました。お疲れ様でした。

写真

林道の駐車スペース

写真

蛭川峠の登山口

写真

四等三角点(点名:高見)

写真

たがみ峠

写真

写真

瞑想展望台からの眺望(御嶽山)

写真

写真

パノラマ展望台

写真

山頂広場(笠置神社)

写真

二等三角点(点名:御笠置)

写真

ヒカリゴケを探したが無かった。2015年12月の探索時には確認できた。

写真

物見岩

写真

三等三角点(点名:笹葉)

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.