山行名

猿塚 1221.3m・日ノ谷標高635m左岸支流(一の谷)遡行・日ノ谷標高895m左岸支流下降

行動開始日

2018/8/19

期間(日)

1

山行形態

沢登り

山域

福井県大野市久澤

天候

行程

【19日】
07:35/08:20 久沢川と日ノ谷の出合付近(駐車地)
~日ノ谷沿いの林道を歩行~
08:45/09:05 日ノ谷標高635m左岸支流(一の谷)出合(遡行開始)
12:08 標高1100mの二俣
13:00/13:20 猿塚 山頂 1221.3m
~日ノ谷標高895m左岸支流下降~
14:55/15:40 日ノ谷沿いの林道
~日ノ谷沿いの林道を歩行~
17:20 駐車地

所要時間

9時間00分(駐車地ー1の谷出合ー猿塚山頂ー林道ー駐車地)

参加者

少々、IT/計2名

ルート

コメント

 久沢川と日ノ谷の出合のスペースに車を置き日ノ谷沿いの林道を歩き出す。林道はそれなりの車ならもっと奥まで乗り入れることが可能。
一の谷の出合は目印の奥の12m?の大滝があるのでわかりやすい。手前から3段の滝になっている模様。沢装備を身に着けて入渓。
 12m滝の下まで行って確認すると、なんとか直登できそうではある。が、右岸からまく。細い新しいFIXロープが設置してあり利用させてもらう。滝の上はナメ。この地域はどこもナメ天国ということで、先が楽しみである。
 12m大滝さえクリアすれば、あとは登りごろの滝ばかり。尾根は激藪との情報があるので、できるだけ沢の中を歩きたい。
 上流部は傾斜が緩く、ナメが連続して歩きやすい。標高1100mの二俣を左に入っても、歩きやすい地形が続き藪出現の気配はなし。支流を右に左に分け入り山頂に到着。最後までほぼ藪なし。ラッキー、ラッキー。
 下山コースは往路を少し戻り、標高1150mあたりから日ノ谷標高895m左岸支流を下降。沢への降り口は激藪だが、下りなのでそれほど苦痛ではない。小滝とナメが連続する歩きやすい沢。距離が短いので、あっという間に日ノ谷沿いの林道に出てしまった。
 日ノ谷を観察しながら、長ーい林道歩きで駐車地に向う。ウォータースライダー的なやつとか、テラス的なやつとか大ナメがたくさんあるようで、時間があったら降りて遊ぶのもよし。
 駐車地に戻ると、朝はいなかったアブの大群が舞い飛んでる。餌食になるのは辛いので蚊取り線香で撃退。スプレーや塗る虫除けも良いが、止まっている時は蚊取り線香でバリアをはるのが一番ですね。

写真

久沢川と日ノ谷の出合付近(駐車地)

写真

日ノ谷沿いの林道・それなりの車なら入れそう

写真

日ノ谷標高635m左岸支流(通称:一の谷)出合(遡行開始)

写真

出合の様子
奥に12m大滝が確認できる

写真

3段滝下段の登り

写真

12m大滝

写真

12m大滝のまき
新い細いFIXロープがあった

写真

12m大滝の上のナメ

写真

写真

小滝が連続する

写真

写真

写真

写真

写真

写真

トリカブトの花

写真

写真

写真

写真

上流部はナメが連続して歩きやすい

写真

写真

写真

写真

写真

猿塚山頂・1221.3m

写真

写真

下りの藪+ブナ林

写真

日ノ谷標高895m左岸支流
の滝

写真

写真

日ノ谷沿いの林道に戻る

写真

写真

日ノ谷の大ナメ
ウォータースライダーしたら楽しそう

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.

ページの先頭へ戻る