山行名

焼山(やけやま)266m・犬山八曽自然休養林

行動開始日

2018/10/20

期間(日)

1

山行形態

藪歩き

山域

愛知県犬山市

天候

薄曇り

行程

【23日】
13:25/13:35 八曽モミノ木キャンプ場(登山口)
~巌頭洞(がんどうがま)コース~
13:45 五段の滝
14:08 乙女の滝
14:19 乙女の滝の落ち口
14:40/14:55 焼山 266m
15:05 標高250mのピーク
15:25 アウトドアベース犬山
~巌頭洞(がんどうがま)コース~
16:00 八曽モミノ木キャンプ場(登山口)

所要時間

2時間35分 (八曽モミノ木キャンプ場 -> 乙女の滝 -> 焼山 -> アウトドアベース犬山 ->八曽モミノ木キャンプ場)

参加者

IT/計1名

ルート

コメント

 岩見山の川を挟んだ対岸に焼山がある。この山は岩見山の展望地から何度も見てはいたが登るのは初めて。
 犬山・八曽 自然休養林の石碑の前にマウンテンバイクを駐輪。案内板でコースを確認して川沿いルートの巌頭洞(がんどうがま)コースを歩きだす。途中、巌頭洞川の河原に降りて五段の滝を見る。左岸側から滝を観察しつつ上流へ歩き、適当に厳頭洞コースへ戻る。五段あるかな?
 焼山へは一般ルートはなく、地形図を確認して乙女の滝から取り付くことにした。巌頭洞コースを離れ支流へ入るとすぐに乙女の滝(高さは6~7m?)に行き当たる。滝の下で観察するとツルツル(コケコケ)だけど登れそう!!でも登りません。先日、前穂で落石に当たり山仲間が亡くなる悲しい事故があり葬式に行ってきたばかり。無理はしません。右岸からまく!!滝の上に立って観察すると上部もつるつるのようでして、、、。
 乙女の滝の支流を渡渉して対岸の焼山の尾根に取りつく。すぐに岩と藪で行き詰まるもトラバースして登山道を発見。!!焼山の岩壁を横目に岩尾根をたどる。
 山頂には図根点(ズコンテンと読むらしい)と「岩山」という山名板がある。岩見山から見える岩だらけの山だから岩山?ネットで調べると「焼山」という情報が出てくるので山名は「焼山」にしておく。展望が良くないので少し下って登った尾根を観察。
 焼山から北隣りの標高250mのピークへは道らしい道はない。それでもピークとの鞍部まではマーキングがあるが、標高250mピークへの登りは藪。楽しくないので早々に北西尾根を下る。
 下山して着いたのはキャンプ場、「アウトドアベース犬山」。ファミリーで大盛況です。アウトドアベース犬山を抜け再び巌頭洞コースへ入り八曽モミノ木キャンプ場へ戻る。洞窟の厳頭洞は何度も見たので省略。

写真

八曽モミノ木キャンプ場

写真

石碑の前に駐輪

写真

巌頭洞(がんどうがま)コース入口

写真

五段の滝へ

写真

五段の滝

写真

五段の滝

写真

乙女の滝のある支流への下降点

写真

支流と巌頭洞川との出合い

写真

写真

乙女の滝

写真

乙女の滝

写真

乙女の滝のまき

写真

藪っぽいところから、、

写真

乙女の滝の落ち口

写真

対岸から尾根に取りつくものの詰んで、、、トラバース!!

写真

登山道発見

写真

写真

岩尾根

写真

岩尾根

写真

岩尾根

写真

岩尾根

写真

焼山の東側岩壁

写真

焼山山頂(山名板には岩山とあるが、、、)

写真

図根点

写真

登ってきた尾根

写真

写真

道?

写真

標高250mピークは藪の中

写真

写真

アウトドアベース犬山

写真

巌頭洞(がんどうがま)コース再び

写真

写真

五段の滝まで戻ってきた

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.

ページの先頭へ戻る