山行名

山王山 153m~まるまる山 135m~松尾山 140m~小瀬遊歩道/関市の低山周遊からの小瀬遊歩道

行動開始日

2019/7/3

期間(日)

1

山行形態

山歩き

地域

日本

都道府県・国

岐阜県

住所・山域

岐阜県関市下有知

緯度/経度

35.502679136.898779

天候

晴れ

行程

【3日】
08:57 向山神社(駐車スペース)発
09:16/09:34 山王山
09:40 まるまる山分岐
09:44/10:48 まるまる山
09:52 まるまる山分岐
09:56/10:07 長良川展望地
10:27/10:39 松尾山山頂展望台
10:49/10:58 永昌寺
11:00 鮎之瀬橋
~ 小瀬遊歩道 ~
11:30 向山神社(駐車スペース)着

所要時間

2時間33分 (向山神社 -> 山王山 -> まるまる山 -> 松尾山 -> 向山神社)

参加者

まみちゃん、IT、他3名/計5名

ルート

コメント

 気軽に縦走!!長良川の風景を楽しみながら小瀬遊歩道で戻る!!

 一粒で二度おいしいおススメルートです。

 東海地方のお山のフリーペーパー「PO!」2019年春号でも紹介された関市の低山を歩きました。紹介記事には書かれてない小瀬遊歩道についてもレポートします。東海北陸自動車道の向山トンネルの上の山です。
 
 登山口を探しつつ車を走らせて、、、、、通り過ぎました。_| ̄|○ ガクッ

 近くの「ファミリーマート 関しもうち店」でトイレ休憩&情報収集しました。気を取り直して登山口の捜索再開。取りあえず田んぼの中の道を向山神社方面に車を走らます。

 駐車スペース発見。(v^ー°) ヤッタネ

 向山神社のすぐ北側で数台は駐車できますよ。カエルさんがたくさん発生してました。踏みつぶさないように注意です。

 向山神社の境内から竹藪の登山道にとりつきます。向山神社登山口というそうです。「向山トンネル」の名は、この向山神社からとったのかな?とか、、、思ってみる。

 登山道に沿って石仏が置かれ、「石仏めぐり」になっています。我々は逆順に歩いているようです。全部で八十八体もあるそうです。

 山王山の山頂はベンチが置かれ開かれた場所。展望もそこそこ良いです。

 松尾山に向かう途中で、まるまる山に立ち寄りましょう。綺麗な円錐形をした山王山を眺めることができます。

 長良川展望地で問題発生!!

 ↓
 ↓
 ↓
 ↓

 まみちゃんがヤブ蚊にいっぱい取りつかれています。他のメンバーはそれ程でもありません。町中の低山ということで、この時期はしっかりと防虫対策をしましょう。

 松尾山山頂も展望台になっています。

 永昌寺へ下山しました。境内には関市指定天然記念物「永昌寺のイチョウ」があります。秋の紅葉シーズンはさぞかし綺麗でしょうね。

 地図によると長良川沿いに道があるように書かれているので、長良川の堤防を歩いて駐車地まで戻ります。鮎之瀬橋に向かいます。

 なかなか雰囲気良さそうな道です。関の小瀬遊歩道という名前が付いています。

 ゆったりと流れる日本一の清流長良川を横目に木陰の小道を歩きます。素掘りのトンネルもありますよ。

 最後は田んぼの中の道を車に戻ります。

 総括、、、「長良川を楽しむ山」といっておきましょう。是非縦走して帰りは小瀬遊歩道を歩いてね!!全体を通して道も標識も整備されているので迷うことはありませんよ。

 ちょうどお昼に下山したので、まみちゃんの案内で関市内の「粋造遊食 さくら川」でおいしいランチをいただき帰途につく。

以上

写真

向山神社(駐車スペース)

写真

写真

向山神社

写真

写真

石仏

写真

神経霊神

写真

山王山山頂からの展望

写真

山王山山頂

写真

まるまる山山頂

写真

まるまる山山頂からの展望

写真

まるまる山から見た山王山

写真

写真

長良川展望地

写真

長良川展望地

写真

写真

松尾山山頂展望台

写真

永昌寺とイチョウ

写真

鮎之瀬橋

写真

小瀬遊歩道

写真

小瀬遊歩道の素掘りのトンネル

写真

小瀬遊歩道の素掘りのトンネル

写真

小瀬遊歩道から長良川

写真

写真

関市下有知
「粋造遊食 さくら川」でランチ

写真

関市下有知
「粋造遊食 さくら川」
おすすめ!!

写真

「粋造遊食 さくら川」
混んでました!!

写真

「粋造遊食 さくら川」
のランチ

スポンサーリンク

copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.

ページの先頭へ戻る