山行名大滝川・田立の滝遡行
行動開始日2005/7/24
期間(日)1
山行形態沢登り
地域日本
都道府県・国長野県
住所・山域長野県南木曽町・長野県
緯度/経度35.630377137.54729
天候晴れ
行程【24日】
07:00 犬山駅東口(集合)
09:00 粒栗平駐車場(駐車、準備)
10:00 洗心滝の上(遡行開始)
10:30 霧ヶ滝
11:00/11:25 不動滝(滝登りを楽しむ)
11:40 龍ヶ瀬
12:00/12:20 丸淵手前(遡行終了)
13:00 不動岩展望台(林道経由)
14:00 粒栗平駐車場
所要時間5時間00分
参加者まみちゃん、怪しい按摩師、IT、他/計8名
コメント 特記事項:南木曽温泉(あららぎ温泉) 長野県木曽郡南木曽町吾妻起シ2333 0264-58-2320 500円
・台風が近づき不安定な天候が続いているが雨は降っていない。犬山東口に7時に集合。途中でIKさんを拾い中央道、19号線とつなぎ粒栗平駐車場へ向かう。田立の滝は有名観光スポットではあるが、19号線を外れると道が悪い(わかりにくい)。駐車場についた時点でも天気はハッキリしていないが沢装備を持って出発。
・螺旋滝を鑑賞しつつ整備された登山道を遡行開始地点へ向かう。昨日のスイカパーティではしゃぎ過ぎたメンバーは足が重いようす。登山前日のパーティ(という名の飲み会)は控えましょう。洗心滝を過ぎ沢が登山道に寄ってきたところで遡行開始。濡れが苦手なknさんのみ登山道を選んだ。曇り空で水は冷たく感じる。すぐに霧ヶ滝が現れ迫力に圧倒される。霧ヶ滝は登山道で巻き、次は田立の滝メインの天河滝。天河滝鑑賞後、またまた登山道で巻き天河滝の上で沢に戻る。上からは滝の落ち口が見えるだけだが、下から滝を見たあとでは落ち口に近づくこともできない・・・・(^_^;)。避難小屋、つり橋を過ぎると上下2段?になった不動滝。不動滝下段は右から巻き、滝上段は左側の簡単そうなルートを怪しい按摩師さん、kmさんの2名がトップロープで登る。さらに進むと滑り台ふうの龍ヶ瀬。天気も回復傾向で水が気持ちよくなってくる。箱淵では見て泳いで潜るという企画実現のため率先して泳ぐが冷たい。さらにへつりにチャレンジ。失敗して水没した人も・・・。
・丸淵の手前の橋で遡行を打切りknさんと合流。ここから丸淵(天気が良ければシュノーケリングに最適か?)を横目に林道へ登り、素堀りのトンネル、不動岩経由で下山する。丸淵から林道までの道のつき方が地形図と違うが・・・ま、いっか。不動岩では曇っていて遠くの景色は見えなかったが、足元の景色を覗き見た。やはり迫力があるなー。
・注意をひとつ。登山道には木道が多く濡れると滑りやすく非常に危険。恐る恐る足場を確かめながら下山していく。登山口の水場には可児農園産の冷えた極上スイカが待っていた。しかも8人でも食べきれない程の大物。可児さんに感謝。
・この後、別件があるkmさんと別れ、7名は「あららぎ温泉」で汗を流し帰途についた。
写真螺旋滝
遡行開始
霧ヶ滝
天河滝
クライミング
滑り台
水泳
木道
スイカ

スポンサーリンク

Copyrights(c) 2012 yamania.net, all rights reserved.


PageTop