山行名御在所岳(ございしょだけ)1212m/西多古知谷遡行
行動開始日2007/10/6
期間(日)1
山行形態沢登り
地域日本
都道府県・国三重県
住所・山域三重県菰野町・鈴鹿山脈
緯度/経度35.01893136.418552
天候 6日 曇り(平地は晴天)
行程【6日 】
06:00 犬山 (出発)
08:30/08:55 駐車ポイント(路側帯)
09:00 西多古知谷入渓点
09:10 大滝下
09:50/10:15 大滝上
11:20 山上公園
11:40/12:20 御在所岳
13:30 スカイライン表道登山口
13:40 駐車ポイント
所要時間4時間45分( 駐車ポイント―御在所岳―駐車ポイント)
参加者あきな?、IT/計2名
URL入浴:希望荘http://www.kibousoh.or.jp/
コメント・西多古知谷入渓点の少し上の路側帯に駐車。各登山口近くの駐車場は登山客の車でいっぱいだが、ここは誰もいない別天地。
・駐車ポイントから沢装備を身に着けて出発。スカイラインより本日核心の西多古知大滝の雄姿を拝む。大滝の上も山頂まで急傾斜が続いている。
・西多古知谷左岸よりガードレールを越えて入渓。水量は少なくい。上に施設があるので水質もいまいち。
・取り付きの滝をクリアするとゴルジュ状となり右へ曲がる。すぐに大滝(40m)の下に到着。クリア方法は?
・まずは大滝手前左岸に入っている支流に取り付く。途中で直登できない部分があるので、さらに支流左岸を巻く。大滝落ち口の高さに注意しながら支流をつめていくと本流に戻れそうな踏み跡を発見。トラバースして大滝の上に出ることができた。絶景を楽しみながら休憩。
・その後は特に問題となる部分もなく、適度な大きさの滝と滑滝が交互に現れ快適に高度を稼ぐ。
・途中に支流が何本か入っているが、水流のある本流を忠実につめる。最後は笹がうるさくなるので、右手の尾根に取り付き笹薮漕ぎ5分。山上公園の周遊路に飛び出す。
・御在所岳山頂は登山者や観光客で賑わっている。頂上で記念撮影を行い昼食。
・下山コースは急傾斜の表道。登山道下部には、西多古知大滝、東多古知百間滝のビューポイントがあり嬉しい。
・希望荘で温泉に入り帰途につく。
・大滝を巻く場合は微かな踏み跡があるので見落とさないようにすること。
・ロープは使用せず。
写真鈴鹿スカイラインより大滝を確認
西多古知大滝、大迫力
大滝手前の支沢より巻き上がる
大滝上
滝登攀
山頂

スポンサーリンク

Copyrights(c) 2012 yamania.net, all rights reserved.


PageTop