山行名比良岳(ひらだけ)・烏谷山(からとやま)/中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)登攀/アルパインクライミング
行動開始日2010/5/2
期間(日)1
山行形態アルパインクライミング
地域日本
都道府県・国滋賀県
住所・山域比良山地
緯度/経度35.22228135.90175
地図比良山(1/25000)
天候2日 晴天
行程【2日 】
05:00 犬山
08:30/09:00 駐車ポイント(荒川越えの登山口)
09:30 中ノ谷出合い 遡行開始
09:35 中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)出合い
11:15/12:30 チムニー12m滝 休憩
13:55 登山道に合流
15:06/15:16 比良岳山頂
15:40/15:50 烏谷山山頂
16:07 荒川越え
17:07 駐車ポイント
所要時間8時間7分
参加者小々、IT/計2名
ルート
コメントゴールデンウィーク真只中、比良へ今シーズン初の沢登り?orアルパインクライミング?に出かけた。朝早の出発だったにもかかわらず名神はGWモードで通行量が多い。八日市IC、琵琶湖大橋、R161とつないで登山口に向かう。R161のバイバスを降り側道から分岐している林道を使って登山口に向かう予定だったが、バイバス、側道、林道の位置関係が微妙で、正解ルート(林道)にたどり付くのに苦労した。大谷川沿いの林道を登って行くと荒川越えからの登山道の入口を発見。すぐ上の路側帯に駐車した。
駐車ポイントで沢装束を身に着ける。今日は課題となる登攀要素の高い滝が4つある予定。今回は、諸事情により長さ的に若干の不安要素があったが、30mのツインロープを使ってみる。林道は大岩谷を渡ったところで崖崩れ。土砂で埋まっていたが上からの落下物に気をつけながら通過した。最後の巨大堰堤を巻く所がわかりにくく時間を取られる。堰堤の階段を降りると河原に降り立つ。快晴の空と稜線のコントラストが美しい。
中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)の出合いは堰堤からすぐの右岸。水はチョロチョロ流れているだけの小さい沢。出合いのF1をノーロープで越えるとすぐに本日1つ目の課題の10mの滝。中間部のテラスまでノーロープで上がるが滝の落ち口がいやらしいのでロープを出す。滝の落ち口にカムで中間支点を取り突破。ボルト2つの終了点を使って確保。
2つ目の課題の7m滝はホールドも多く問題ないが、終了点がリングボルト2つで1つは腐食しているので注意。
二俣を左にしばらく進むと3つ目の課題のチムニーを持つ2段の滝が現れる。下段を左岸から登り、トラバースして中間部のテラスに上がる。最後のトラバースが若干いやらしいのでスリングを出して確保。上段の右岸側にチムニーを持つ12m滝を眺めながら、突破方法や現在位置、時間などを確認、小休止。トップはザック無しでチムニーのある右岸側を登り、最後に岩で蓋がされている部分を右から迂回する作戦で決定。出だしの立ち木と、気休め程度にカムで中間支点を取り突破するがロープが足りない。終了点に届かないのでチムニーのすぐ上でピッチを切り、カムでセルフを取りボディビレイでセカンドを確保。セカンドはバックアップでザックを引きずりながらチムニーを登ってもらった。ザックを背負いながらの登攀は大変だったようだ。トップの自分的には、チムニーの上に大きな浮石がたくさんあったので、セカンドビレイ中に落下させないように神経を使い気疲れした。
チムニー滝を過ぎるとすぐに4つ目の課題18m滝。左岸側に中間支点として3つボルトが打たれており安心して登攀できる。やはりロープの長さが足りないので、傾斜がゆるくなった所でピッチを切る。本日の課題はこれにて終了。
浮き石に注意して沢をつめて行くと立ち木に赤いマーキングがある二俣に到着。正面に見える岩山を左からまくように尾根にあがる。琵琶湖や街が眼下に広がり最高に気持ちの良い所。ひと登りすると登山道に合流。中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)の登攀終了を祝ってハイタッチ。沢装束をとく。
大汗をかきながら比良岳、烏谷山(三角点あり)、荒川越えとつなぎ駐車ポイントへ戻った。
中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)は全般に浮き石が多く落石やホールドの安定性には十分注意されたい。
写真荒川越えルート登山口の少し上のスペースに駐車
堰堤を越える
気持ちの良い天気
中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)出合い
中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)F1最初の滝の登攀
中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)F2
中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)のチムニー滝
チムニー滝の登攀
中ノ谷アルファルンゼ(αルンゼ)の18m大滝
18m大滝の登攀
18m大滝の登攀
一見、難しそうに見えるが・・・
18m大滝の登攀
写真とるほど余裕があるということ
中ノ谷アルファルンゼのつめ
中ノ谷アルファルンゼのつめ
クロトノハゲ
比良岳山頂

スポンサーリンク

Copyrights(c) 2012 yamania.net, all rights reserved.


PageTop