山行名台金 (おおがね)865.1m
行動開始日2012/5/3
期間(日)1
山行形態藪歩き
地域日本
都道府県・国岐阜県
住所・山域奥美濃(岐阜県本巣市根尾・能郷)
参考書「奥美濃のヤブ山」八代竜也著 p62
天候くもり
行程【3日】
07:00 江南発
    樽見-上大須
09:00頃/9:20発  新猫峠
10:35 台金山頂
12:35 駐車地。山頂と帰途816m下方で大休憩。
    おそらく合わせて30分は休憩していると思う。
所要時間3時間15分
参加者k、t、まみちゃん、少々 /計4名
コメント/アプローチ問題なし
林道状況問題なし。
登山口/駐車地猫峠林道の新猫峠、路肩に駐車。2,3台可能。
積雪状況杞憂
登山道・左手の鎖ゲート、通行止めの林道に入る。地図で602mと書かれたコブを回り込み鞍部(猫峠と思われる。表示等なし。)から尾根に取り付く。
・ここは伐採された後、ヒノキの若木帯。急登で作業の踏み跡あるも擦れ気味。816mから若干の灌木こぎあり。ここを越えると、ブナを主体とする自然林。テープが頻繁にあり。
展 望・新緑の自然林の中で、近くの山、高屋山、藤谷山など。能郷白山はガスの中で見えず。
動物等鹿の糞。鳥の声を聞きながら。
花、樹木等植林若木の尾根でイワウチワ。クロモジ。尾根はブナ主体の広葉樹林。ユキザサ。スミレの類。
装備(特に必要な装備)笹はないが、ほんの一部、灌木うるさい所あり。服装に注意。テープ残置あるも、言うまでもなく、地図とコンパス。
帰途渋滞状況等)特になし。
ポイント・特に難しい所はない。・快適な自然林の尾根歩き。
その他・4月に降った雨は、かなりの降雨だったが、5月2日は春らしい菜種梅雨で3日回復傾向のため、行く先を変更して決行。尾張北部では、まだ、雲は厚いが、雨は止む。能郷を過ぎると雨で、上大須でトイレ休憩する頃は、カッパなしでは歩けない降りだった。幸い、猫峠林道ではすでに雨上がり。
・折越林道途中で「三段の滝」見学。見て良かった。沢沿いに二リンソウ、ネコノメソウ、チャルメラソウなどなど。滝の落ち口にシャクナゲの開花。
入浴根尾川谷汲温泉(いつもの日曜より空いている感じ。)
写真新猫峠
台金三角点
尾根のブナの芽生え(始め何だろうと思った。至る所に芽生えていた。)
やはり展望写真もないと。(ヒノキの植林地斜面から北方向)
三段の滝

スポンサーリンク

Copyrights(c) 2012 yamania.net, all rights reserved.


PageTop