山行名川浦谷西ヶ洞谷川遊泊
行動開始日2013/8/27
期間(日)2
山行形態沢登り
地域日本
都道府県・国岐阜県
住所・山域奥美濃・関市板取
天候曇りのち晴
参加者佐・竹・林・藤・生・中と伊木山の仲間4人/計10名
コメントエメラルドグリーンの清水に誘われて今年も西ヶ洞に沢泊に行って来た。だが今回はソバの知人の伊木山の仲間、師匠1名・美女3名参加だ。彼等に美濃の山や谷の魅力を精いっぱいアピールしようと大山会の鉄女と軟弱酒男4名が奮闘しました。
写真林道の擁壁が崩壊し深山トンネルの手前で通行止め、トンネルは歩いて通過する事になりましたがこれが長かった。ヘッドランプをザックの奥から引っ張り出す事に。
よく踏まれた急傾斜の道を辿って川浦の本谷に着きました。かなりの水量と急流です。
いよいよ西ヶ洞に入渓、緩傾斜の岩は滑って足を取られた。
放棄されたトンネル哀れ。
狭いゴルジュ帯の通過は胸まで浸かるかヘツリ。慎重な行動と気遣いが必要です。
谷の中は陽が届かなくて寒く太陽の有難さを実感しました。
陽だまりを見つけて記念写真。
大がまの水色に魅せられて皆さん盛んにシャッターを押していました。
大山田谷の出合いにてテント設営、薪集め。その後釣りや陽だまりでの昼寝と勝手時間。
炎を囲んで気が置けない仲間と今回もよく飲みました。又機会があれば何処の山で。

スポンサーリンク

Copyrights(c) 2012 yamania.net, all rights reserved.


PageTop