山行名水後山(すいごやま)1566m/山スキーでウィングヒルズ裏を滑降
行動開始日2016/3/3
期間(日)1
山行形態山スキー・バックカントリスキー
地域日本
都道府県・国岐阜県
住所・山域岐阜県郡上市白鳥町石徹白・奥美濃
緯度/経度35.990826136.821099
天候曇り、ちょい雪
行程【3日】
07:00 各務原発
08:30/08:50 ウイングヒルズ白鳥リゾート第2駐車場
---- ゲレンデ内をセンターハウスまで滑降 ----
09:00 ゴンドラ乗車
09:24 ゴンドラ終点駅出発
10:16 ジャンクション
10:30頃 岩場通過
11:10/11:30 水後山山頂
12:05 裏ウィング滑降開始
12:50 登り返し開始
13:15 ゲレンデ(カイフロントコースの途中)着
13:35 第2駐車場着
所要時間4時間45分(ウイングヒルズ白鳥リゾート第2駐車場=>ゴンドラ終点=>水後山山頂=>ウイングヒルズ白鳥リゾート第2駐車場)
参加者みぽりん、IT、他1名/計3名
ルート
コメント 晴れの予報、出発時は天気が良かったが、、しかし!!
 スキー場に着くと水後山方面は雲がかかっている。第2駐車場で装備を整え出発、センターハウスまでゲレンデ内を滑降する。3ポイント券1000円を購入してゴンドラに乗り込む。ゴンドラ終点ではクルージングコース側に進み、終点駅舎の端で入山準備。
 ルート上にスノーシュー跡があり先行者がいる様子。最近、少し降雪があったようで新雪ラッセル。スノーシュー跡を利用させてもらうが、スキー先端が足跡にひっかかり歩きにくい場面も。
 滑降予定の裏ウィングの谷を確認しながら進む。ルート上は切り開き(登山道)があるが狭いので、東側の雪庇に注意。天気良くなく展望いまいち。登りの途中でアクシデント発生、ストックのストラップが切れてしまった。たかがストラップ切れだけど、けっこう登りに支障がでた。山頂に近づくにつれ霧が濃くなってくる。ルート上に岩が露出しているところがちょっとだけ難所?
 山頂の木に山名板らしき板が吊るしてあったが文字が消えていた。シールを外し滑降、下山にかかる。ルートが狭いので快適に滑る感じではない。やはり岩場の通過が難所。岩の下から密林を抜けて尾根上にもどる。
 行きにチェックした地点(裏ウィングの谷の支尾根)で、つぼ足組と別れ山スキー組は裏ウィング滑降開始。積雪量、樹木の密度ともそこそこで、滑りを楽しめた。支尾根上には歩いたばかりの動物の足跡が先行するようについている。アリ塚のような形をした巣穴?(雪の下は切り株か?)もあって、動物の出入りしている足跡がついていた。
 適当な所で谷をウィング側へ渡りトラバースしながらゲレンデに向かう。谷割れしている箇所が出てきた。で、これまた適当な所でシールを再装着して約50mを登り返し、スカイフロントコースの途中に出る。ゲレンデを滑り、つぼ足組みの待つ第2駐車場に戻る。
 シメで満天の湯でゆっくり温泉を堪能し、帰途につく。
写真
ゴンドラ終点駅舎で入山準備
イキマース
登行開始!!
岩場
水後山山頂
水後山山頂
下山開始!!
裏ウィング滑降。シュプールの確認
巣穴?
登り返し
切れたストラップの取替え

スポンサーリンク

Copyrights(c) 2012 yamania.net, all rights reserved.


PageTop