山行名菩提山(ぼだいやま・ぼだいさん)401m
行動開始日2017/4/9
期間(日)1
山行形態山歩き
地域日本
都道府県・国岐阜県
住所・山域岐阜県不破郡垂井町
天候曇り
行程【9日】
8:30 各務原市前渡不動駐車場(集合)
9:50 岩手小学校(登山開始)
11:20~11:50 山頂
13:45 小学校(下山)
15:00 各務原市前渡不動駐車場(解散)
所要時間3時間55分
参加者少々、まみちゃん、甲さん、岩倉山岳会5/計8名
入浴なし
参考資料岐阜の山歩きベスト55コース 八代竜也著
ルート
コメント・この土日は岩倉山岳会の例会山行が予定されていたが雨の為中止になった。日曜日は天気が快方に向かうということで、急遽、山へ行きたくてウズウズしている仲間が8人集まり、以前から気になっていた菩提山へ行くことにした。
・この山城は戦国時代に竹中重元が築城、その息子重治(竹中半兵衛)が家督を継ぎ城主となった。したがって竹中半兵衛陣屋跡、禅憧寺には墓所、山中には数々の曲輪、堀切、堅堀などがあり、歴史的にも見どころがたくさんある。
・休憩舎に立ち寄ると地元の方に出合い、アドバイスにより初めは白山神社から登る予定だったが、車を岩手小学校に停めて禅憧寺からの周遊に変更した。
・禅憧寺へ行くと地域の方が数人手入れをされていて、墓所を案内してくれたり、山の話などをお聞きしたりしてゆっくり回った。
・登山口は禅憧寺と八幡神社の間にあり、登山道もしっかりしていて迷うことはない。途中の分岐に「山の神」へ行く道があり、寄ろうとしたが案外遠そうだったのでやめて山頂へ行くことにした。
・山頂は曲輪跡などがたくさんあり、広い。南東方面の眺めがよい。新しい竹中半兵衛の幟も何本かはためいている。四等三角点もある。
・下山は白山神社へ。神社には芭蕉の句碑がある。近くの菩提寺の山門は一見の価値がある。
・山頂から南へ尾根をたどると、もう一つ三角点のあるピークがある。また、「山の神」から明神湖へも道が続いている。機会があれば、もう一度違うルートで行ってみたい。

植物:桜、コバノミツバツツジ、コブシ、ダンコウバイ
写真禅憧寺
竹中重元墓所
登山道入り口
幟と池田山
山頂
菩提山全貌

スポンサーリンク

Copyrights(c) 2012 yamania.net, all rights reserved.


PageTop