登山レポート:新穂(しんぽ)1039.8m/大仲津谷遡行~新穂谷下降 …

山行名新穂(しんぽ)1039.8m/大仲津谷遡行~新穂谷下降
行動開始日2019/8/4
期間(日)1
山行形態沢登り
地域日本
都道府県・国岐阜県
住所・山域岐阜県揖斐川町坂内坂本
緯度/経度35.544222136.380415
天候
行程【4日】
08:23/09:04 春日神社(駐車地)
09:09 大仲津谷の堰堤(遡行開始)
~大仲津谷遡行~
10:45 紅葉滝
~大仲津谷遡行~
13:55 稜線
14:00/14:30 新穂(しんぽ)
~新穂谷下降~
15:13/15:53 林道
16:36 春日神社(駐車地)
所要時間7時間32分(春日神社―大仲津谷-新穂-新穂谷-春日神社)
参加者怪しい按摩師、IT/計2名
入浴久瀬温泉露天風呂「白龍の湯」
ルート
※画像を押すと拡大表示できます
コメント 何だか賑やかな諸家の春日神社に到着。

 山の静かなお社を想像してたのでビックリ!!

 今日はご近所さんが出て草刈りなどのお手入れの日のようでして!!

 迷惑にならぬように1段上のスペースに駐車。

 車をとめる許可をいただきに行ったら、、、

 血を流して絶命した「マムシ」さんが2匹!!

 持って行く??

 ↓

 ↓

 い、いえ、結構です。(;^ω^)

 後を追ってオフロードバイクで単独の沢屋さんが到着。

 この辺りに詳しい方で、大仲津谷の情報をいただきました。

 鳥居をくぐって神社裏の道から入渓点の堰堤へ。

 道形から沢に降り立った所は大きな支流が合流する標高500mの地点。

 蜘蛛の巣が多し!!

 蜘蛛の巣プロの怪しい按摩師さんに除去をお願いしながら進む。

 花崗岩の沢。

 水流に削られた砂を踏みしめると気持ちが良いですね。花崗岩が風化してできた砂を真砂(まさご)というそうです。

 堰堤を一つ越えます。

 紅葉滝の前で休憩。名前の通り滝近くに紅葉があります。

 右岸から大きくまく。
 
 獣好きの怪しい按摩師さんが、いつもながら嬉々として魚やシカ?と戯れておりまして、、、。

 新穂に一番近い流れをたどる。

 水が切れ、稜線まで数10mまでくると行く手を岩盤で阻まれました。

 左岸側は岩盤でツルツルっぽいので、右岸の木立から稜線に上がる。

 藪は薄いです。

 新穂の山頂には三角点と字が判別できなくなった山名板?ありました。

 下りは新穂峠はパスして藪藪の新穂谷を下りました。

 林道に出るとほっとしますね。

 足元を林道仕様にチェンジ。

 藪っぽい舗装林道(;^ω^)を下り、静かな春日神社まで戻りました。
"
写真諸家の春日神社前の駐車地
諸家の春日神社
今日は清掃日
新しい大きな堰堤より入渓
花崗岩の沢
堰堤を左岸から超える
岩盤に入った不思議な帯
紅葉滝
右岸からまく
稜線まで数10m
右側は岩盤でツルツルっぽいので左の立木から上へ
新穂山頂
藪藪の新穂谷
最後に水に浸かって
林道に出る
藪の舗装林道
マムシに注意!!

スポンサーリンク

© 2012 - 2021 yamania.net