山行名木ノ下城跡(きのしたじょう)53.0m/愛宕神社
行動開始日2020/8/13
期間(日)1
山行形態ハイキング・トレッキング
地域日本
都道府県・国愛知県
住所・山域愛知県犬山市
天候晴れ
行程【13日】
17:46 犬山口駅(名鉄犬山線)
17:55/18:03 木ノ下城跡(愛宕神社)
18:12 犬山口駅(名鉄犬山線)
所要時間26分
参加者IT/計1名
ルート
コメント今日の楽しみ(メインディッシュ)




・私の地元、犬山の知られざる歴史に浸るひと時


犬山でお城といえば国宝犬山城!?

ですが、、、、(*^▽^*)

今日は犬山城の前身ともいうべき木ノ下城跡を紹介します。



・アプローチ
名鉄犬山線の犬山口駅から徒歩10分です。

ですが、、、、(*^▽^*)

最寄り駅は名鉄犬山線の犬山駅です。

新型コロナ感染予防対策として、より小さな駅の犬山口駅から歩くことにしました。

ですが、、、、(*^▽^*)

そんなテイで書きますが、、、、(*^▽^*)

実際には自宅から歩きました(*^▽^*)

駅からは排気ガス臭い大きな通りは避けて路地を歩きました。


・知られざる城!!木ノ下城跡
古城マニアにして同じく地元民の怪しい按摩師さんも知らなかったという、知られざる城跡であります。

なぜ地元民も知らないのか???それは、今は愛宕神社になっているからです。

私も子供のころは愛宕神社で遊んだ記憶がありますが、最近まで木ノ下城跡のことは知りませんでした。

「木ノ下城跡は知らないが、愛宕神社は知ってるよ!」というわけです。



・木ノ下城跡
現地に設置された案内板によると、、、、

室町時代の文明元年(1469年)に築城され、初代城主は織田広近。

天文六年(1537年)に織田信康(信長の叔父)が犬山城に城をうつして木ノ下城は廃城。

江戸時代から明治にかけて城跡に神社やお寺が建立され、現在の愛宕神社に至る。

まあ、そんな感じです。


・金明水
犬山では「銀明水」と呼ばれる井戸が有名ですが、木ノ下城跡には「金明水」と呼ばれる井戸があります。
昔は貴重な命の水として、ともに人々に親しまれたことでしょう。


以上です。今後も、ローカルな知られざる観光・歴史スポットを紹介していきます。
写真犬山口駅(名鉄犬山線)
路地を歩きました
木ノ下城跡(愛宕神社)全景
木ノ下城跡(愛宕神社)
木ノ下城跡(愛宕神社)鳥居
木ノ下城跡(愛宕神社)境内
木ノ下城跡(愛宕神社)本殿
案内板
金明水
境内は公園になってます

スポンサーリンク

Copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.

ページの先頭へ戻る