山行名黒平東川遡行~八曽黒平山(はっそくろひらやま)327m/イノシシと滝にびっくり!
行動開始日2020/8/16
期間(日)1
山行形態沢登り
地域日本
都道府県・国愛知県
住所・山域愛知県犬山市
天候快晴
行程【16日】
11:16 亀割駐車場(駐車)
11:29 山の神分岐(地点表示:1番)
11:34 花街道分岐(地点表示:13番)
~~ 花街道・八曽滝16番方面へ ~~
11:39 地点表示:14番分岐
11:45 地点表示:15番分岐
11:50 黒平川渡渉(地点表示:16番)
11:51/11:54 八曽滝の上、大きなお釜(プール)
11:59 八曽滝(山伏の滝)
12:09 黒平川と黒平東川の出合い
12:17/12:30 入渓
12:48 滝(高さ5m?)F1
12:54 滝(高さ5m?)F1上
13:17 おにぎり岩
13:45 滝(高さ2m?)F2
14:34/14:46 「右うつつ、左たじみ(今井村)」の石標(国有林境界)
14:47 一の門の分岐
~~ 一の門線 ~~
15:10/15:29 八曽黒平山(327m)山頂
~~ 黒平山線 => 八曽滝(山伏の滝) ~~
15:50 八曽滝(山伏の滝)
~~ 八曽滝のマキ道 ~~
15:56/16:10 八曽滝の上、大きなお釜(プール)
11:34 花街道分岐(地点表示:13番)
16:46 亀割駐車場(駐車)
所要時間5時間30分(亀割駐車場 => 八曽滝(山伏の滝) => 黒平川と黒平東川の出合い =>国有林境界の道 =>八曽黒平山 => 八曽滝(山伏の滝) => 亀割駐車場)
参加者IT/計1名
ルート
コメント今日の楽しみ(メインディッシュ)




・八曽自然休養林探検
・沢歩き(水遊び)

前から気になっていた所を歩きます。新型コロナのおかげですね。10年ほど前は毎週のように通った八曽ですが、開発(整備?)が進んだようで、その辺りの踏査もしてみます。

1.亀割駐車場
今日もたくさん車がとまってます。(現在、モミの木キャンプ場はコロナ感染防止ということで休業しているはずですので注意。)

~~ 林道歩き ~~

2.花街道分岐(地点表示:13番)(新しく整備された道?)
綺麗な地図付きの案内板が設置され「花街道」という名前で整備された道がありました。八曽滝(山伏の滝)まで行けるらしいので歩いてみます。
踏まれた良い道です。分岐がありますが、案内がしっかりされています。

3.八曽滝(山伏の滝)の上、大きなお釜(プール)
八曽滝の上に到着しました。事前通り大きなお釜(ポットホール?)があり泳げそうです。初めて来ました。
男性が休憩されていたのでお話を伺うと、以前からここに水遊びに来ていたとのこと。「過度な開発は環境破壊につながるのでやめてほしいですね」なんてお話ししました。「君も水に入ってみたら?」とお誘いいただきましたが、先が長いので泣く泣く先に進むことにしました。

4.八曽滝(山伏の滝)のマキ道
先の男性のアドバイス通り、お釜(ポットホール?)から滝の下へ降りるマキ道は急でした。ロープ場になっててマジで注意です。

5.八曽滝(山伏の滝)
滝つぼで子供たちが水遊びしてました。水量の多め。

6.黒平川と黒平東川の出合い
ここは何度も通ってますが入るのは初めて。調べによると八曽滝のある八曽山の北側の川を「黒平川」、八曽山の南側の川を「黒平東川」と呼ぶそうです。
沢沿いに道が確認できましたが、歩く人はまれで廃道に近いと思います。トラロープが張ってあります。

~~ まず、出来るだけ道を歩きます ~~

7.入渓
道がハッキリしなくなったところで河原に降りて沢装備にチェンジしました。上から覗き想像していた通り広々とした感じの渓相です。

~~ 水は冷たくないけど、暑さは感じずに歩けるので助かります ~~
~~ 腰まで水に浸からないと歩けないところもあります ~~

8.イノシシ
大きな動物が目に入り、熊かと思ったらイノシシがでした。色の薄い灰色のやつでした。

9.滝(高さ5m?)F1
沢が屈曲する標高190mあたりで、高さ5m程の一条の滝がかかる岩場?に出ました。

え?これ登るの!?

10.滝のオブザベ
滝心:ツルツルなので登れない!
右岸側:マケそうだけど、ツルツルの高い岩壁で面倒そう!?
左岸側:滝の端(増水時だけ水が流れる?)が木が生えたスラブなので登れそうに見える

一本いっとく!?(笑)

11.滝F1の登攀
逆相で滑りそうだけど、木を利用して落ち口の高さまで上がる。が!?あと1歩、2歩のところで、適当なホールド、スタンスがなく詰まる。左手側の蔓状のブラブラした木を使おう。右手側の岩壁は?岩壁の下のクラックがアンダーとして使えそうなので探る、、、、、ツルツルだ!?少し遠いけど右頭上にガバが一つだけ見えてます。
ちょっと考えて、、、、、スタンスを少し上げたらガバに手がとどきました。蔓でバランスを取りながら、ガバで体を引き上げハイステップの足に乗り込みクリアできました。

今日はこれで満腹です。

12.おにぎり岩
河原に大岩が落ちていました。形から「おにぎり岩」と命名しておきました。お腹が減ってたし(笑)

13.本流をたどる
沢はいくつか分岐しますが本流(一番長い流れ)をたどります。
藪は殆んどなく倒木少々、ナメ床、胸まで浸かるお釜、、、結構楽しめます。蜘蛛の巣だけは注意してね。

14.滝(高さ2m?)F2
s-ngm美濃の低山さんの記事にあった、本日2つ目の滝です。左岸側が階段状になっています。

15.源頭
黒平川源頭の八曽湿地と同じく、こちらの源頭も湿地です。注意しないとズブズブと沈んで足をとられます。

16.「右うつつ、左たじみ(今井村)」の石標(国有林境界)
国有林境界の道まで上がり遡行終了。「右うつつ、左たじみ(今井村)」と書かれた歴史を感じさせる石標が立っているところでした。
この先も沢靴を履いたまま歩くことにしました。(へへへ!!)

~~ 国有林境界の道 ~~

17.一の門の分岐
一の門って何さ!?という話ですが、、、、門があります。これが一の門かな!?

~~ 一の門線 ~~

18.八曽黒平山山頂
山頂には二等三角点:黒平があるのでチェックしましょう。山頂は展望がないので、山頂を周遊する道に下り休憩しました。

~~ 黒平山線 => 八曽滝(山伏の滝) ~~

19.八曽滝(山伏の滝)
本日二回目の八曽滝。誰もいませんでした。

20.八曽滝(山伏の滝)のマキ道
八曽黒平山の道標の横からマキ道に取りつきます。
本日二回目の八曽滝(山伏の滝)のマキ道。急坂注意!!

21.八曽滝(山伏の滝)の上、大きなお釜(プール)
もう誰もいませんでした。
お釜で水浴びしました。汗を流し、沢靴の汚れを落とす!!足が着かないほど深いところもあります。

~~ 花街道 => 駐車場へ ~~

22.亀割駐車場
駐車場は車がへりガラガラでした。
URLs-ngm美濃の低山-八曾:漫歩Ⅰhttp://ngm.b.la9.jp/2016/hassou5.htm
写真今日も人気の八曽
花街道分岐(地点表示:13番)
黒平川の渡渉
八曽滝の上、大きなお釜(プール)
八曽滝のマキ道(ロープ場)
マキ道から八曽滝
黒平川
黒平川と黒平東川の出合い
滝(高さ5m?)F1
滝(高さ5m?)F1
滝(高さ5m?)F1上
写真の左上にガバホールド?
おにぎり岩、、、と勝手に命名
お腹へった!!
分岐
滝(高さ2m?)F2
意外と源流までスッキリしている
源頭は湿地
「右うつつ、左たじみ(今井村)」の石標(国有林境界)
一の門の分岐
八曽黒平山(327m)山頂
山頂付近から尾張本宮山、尾張富士、入鹿池
ねじれ松の展望台
谷底は黒平東川
八曽滝(山伏の滝)
黒平山と書かれた道標の横から八曽滝のマキ道に取りつく
八曽滝の上、大きなお釜(プール)
八曽滝の上、大きなお釜(プール)で水浴びしました

スポンサーリンク

Copyrights (c) 2012 yamania.net , all rights reserved.

ページの先頭へ戻る